SSブログ
持続可能な開発 ブログトップ
前の10件 | -

『なめらかなお金がめぐる社会。』 [持続可能な開発]

なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

  • 作者: 家入 一真
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2017/08/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
「お金がすべて」の社会のその先に。クラウドファンディング、恩送りの社会。資本主義のアップデートが始まる。今、家入一真が伝えたい、新しいお金、経済の姿。
【Kindle Unlimited】
この本は、日本にいた頃、一度近所のコミセン図書室で借りようかどうしようか悩み、結局借りなかったという記憶がある。それを今さら読んだのは、Kindle Unlimitedで読めたからである。

ただ、先週ぐらいからだろうか、クラウドファンディングで資金調達を手伝ってあげられないかと思う案件があり、ちょうどタイミングの良い読書となった。これを読んだ後、CAMPFIRE主催の「クラウドファンディング勉強会」も出てみた。30分と短い講座の中に多くの情報を詰め込もうと、ずいぶん早口で説明されて少しついていけなかったが、外国在住者でもあってもクラウドファンディングに挑戦可能とのお話があったのには勇気づけられた。(ちなみに、資金調達を手伝ってあげたいと思っている目標額は5000ドルである。)

本書は、著者が立ち上げた日本のクラウドファンディングプラットフォーム最大手のCAMPFIREの宣伝本ともいえる。2016年にCAMPFIREの代表取締役に就任しているので、なぜ自分がクラウドファンディングを推すのか、そしてCAMPFIREで何を目指すのかが、述べられている。著者のエッセイとしても読める。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

再々読『農山村は消滅しない』 [持続可能な開発]

農山村は消滅しない (岩波新書)

農山村は消滅しない (岩波新書)

  • 作者: 小田切 徳美
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2014/12/20
  • メディア: 新書

【JICA事務所の書棚から拝借】
5年ぶりに再読した。元々のきっかけは、昨年末に行われた岐阜県在住の有志主催のオンライン勉強会で「内発的発展論」が扱われた際、本書の著者による「交流をエネルギーとする内発的農村発展論」に言及があったからだ。勉強会では、小田切徳美先生の農村発展論を、次のようにまとめて紹介されていた。

農村への若手移住者増、女性移住者増、「半農半X型」の職業増→関係人口に注目

地域づくりの内発性、多様性、革新性→交流を内発性のエネルギーとする新しい内発的発展論→格差是正と内発的発展のバランスの重要性→「にぎやかな過疎」へ

そこで扱われた参考文献は本日ご紹介する岩波新書ではなかったのだが、小田切先生の名前が出てきた時、「そういえば、先生の著書がJICAブータン事務所の資料室の書棚に入っていたな」と思い出した。

僕は3月14日に当地で「日本の地方開発」という講義を英語で行うことになっていた。年末にJICAの所長さんから依頼されたもので、テーマだけは縛られていた。何をどうしゃべろうか考えていた時に、前述の岐阜県有志のオンライン勉強会で「内発的発展論」に久しぶりに触れ、これは取り込もうと考えた。

いずれ事務所へ行って本書も参考文献としてお借りしようと思っていたところ、1月に入って首都ロックダウンが始まり、3月下旬まで、JICA事務所には入らせてもらえなかった。当然、講義には間に合わなかったが、自分自身でもあの講義では「内発的発展論」の日本国内での展開をうまく描き切れなかったとの反省もあったので、もう少し文献読んでみようと考えた。

本書については、過去二回の読込みの際、いずれもこのブログで紹介記事を書いている。僕の頭も今よりずっと明晰だった時期の記事なので、それはそれで読みごたえがある。
(2015年8月23日):https://sanchai-documents.blog.ss-blog.jp/2015-08-23
(2017年8月27日):https://sanchai-documents.blog.ss-blog.jp/2017-08-27

続きを読む


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

『FAB CITIZEN DESIGN GUIDE BOOK』 [持続可能な開発]

FabCitizenDesignGuideBook.jpgFAB CITIZEN DESIGN GUIDE BOOK
應義塾大学SFC研究所、ファブ地球社会コンソーシアム、2022年3月23日(水)
https://www.fabsteps.org/
「はじめに」より
本プロジェクトの母体となる「ファブ地球社会コンソーシアム」は、2015年に文部科学省COI(Center of Innovation)に採択された基礎研究の成果を社会に広げていくために設立されました。本コンソーシアムでは、技術と社会が重なり合い到来しつつある「ファブ地球社会」において、共通の課題となる技術、流通、社会、福祉、そして教育の5つのワーキンググループをつくり、研究活動を行ってきました。

本報告書は、2016年よりコンソーシアム内の教育や人材育成のワーキンググループ「高大連携ワーキンググループ」と、それらが発展し2019年から開始した「ファブシティズン デザインワーキンググループ」の活動を総括したものです。

特に、3Dプリンタやレーザーカッターなどのデジタル工作機械を用いた「ものづくり」を軸とした探求行為を、FAB(ファブ)と位置づけ、教育機関はじめ、地域、企業の枠組みを越えた、新しい仕組みづくりを積極的に行ってきました。これまでの6年間の活動から得た知見を、「持続可能な社会を担うひとやまちを育むための学びの実践ガイドブック」としてまとめています。

未来を担う世代、そうした世代の教育に関わる関係者や保護者の方々に対して、それぞれにあった形で 未来に対しての手引書になれば幸いです。

一昨日の記事「ブータン人間の安全保障上の課題」の中ですでにご紹介した通り、先週、このガイドブックの公開記念イベントがオンラインで開催された。このコンソーシアムの関連で「ファブ地球社会/創造的生活者シンポジウム」というのが2016年3月に慶應義塾大学三田キャンパスで開催された時も、僕は大学受験に失敗した長男を連れて会場にいた。その長男は今や修士1年目を終えようとしていて、自分で言うのもなんだが、着実に「ファブシティズン」の道を歩んでいる。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

ブータン人間の安全保障上の課題 [持続可能な開発]

デジタル・ガバナンスの時代の人間の安全保障上の課題を乗り越える
Overcoming human security challenges in the age of digital governance
2022年3月25日(金)、UNDPブータン事務所
https://undpbhutan2012.medium.com/overcoming-human-security-challenges-in-the-age-of-digital-governance-c037167864e8
UNDP-HSR001.png

本日ご紹介するのは、今年2月にUNDPから出された「人間の安全保障特別報告2022年版」(以下、SRHS2022)を引用した、UNDPブータン事務所の記事である。補足しておくと、UNDPには「人間の安全保障ユニット」というのが今もあって、国連の中での人間の安全保障の主流化に役割を果たしている。ただし、日本人の職員が配置されているのかどうかはわからない(多分されていないのではないかと思われる)。今回の報告書の編集チームの中にも、日本人は入っていないし、日本人の名前として載っているのは、高級諮問委員会(パネル)の共同議長として武見敬三議員の名前があるくらいだ。

UNDPがすごいと思うのは、レポートの量産能力の高さだ。先日、ブータンの若者の失業に関するレポートを紹介したばかりだが、こうした国別のレポートの他に、全世界対象にしてオピニオンを打ち出して何らかの国際世論形成を図ろうとするレポートも存在する。しかも、そうしたグローバルなレポートを、ブータンの文脈に落とし込んで紹介しようとすらされている。

これは素晴らしいことで、たとえて言えば、JICAの持っているシンクタンクがいろいろなワーキングペーパーを出しても、その示唆を各国の文脈に落とし込んで各々の国で紹介するような機能は、よほど意識の高い事務所でないとあり得ない。いや、ワーキングペーパーは「~~国における――」と国の条件指定が入っていることが多いため、普通に考えれば、研究対象になった国なら関心あるけれど、そうでない国の事務所にとってはほとんど関心がない。そもそも、JICAはそうしたグローバルなフラッグシップレポート自体を出していないので、単純にUNDPとの比較自体ができないのだが。

しかし、そうであったとしても、緒方貞子先生以来、「人間の安全保障」の推進役と自認していた日本が、UNDPにお株を取られているのも悲しいし、仮にレポート自体はUNDPが出しているものであったとしても、そしてフラッグシップレポートのようなものを出していないとしても、UNDPに書かれっ放しにされているのは悲しい。SRHS2022の分析枠組みの土俵の上に立って、「これはどうなんだ」と指摘したり、新たな視座を提供するようなコメンタリーを出せたら、「おおっ」と日本を見直したくなる。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『世界幸福度報告2022年版』 [持続可能な開発]

戦争とパンデミックの中、世界幸福度報告は明るい点を示す
Amid War and Disease, World Happiness Report Shows Bright Spot
2022年3月19日(土)
持続可能な開発に向けたソリューションネットワーク(SDSN)メルマガより


戦争とパンデミックという問題に直面するこの時期に発表された『世界幸福度報告2022(WHR)』は、暗い時代でも明るい光があることを示す。パンデミックは、痛みや苦しみだけでなく、社会的支援や慈善的行為の増加ももたらした。私たちが疾病や戦争の災禍と闘うとき、幸福への普遍的な欲求と、非常に必要なときにお互いの支援に結集する個人の能力を覚えておくことは特に重要だ。

今年はWHRの10周年を迎えた。この報告書は、世界的調査データを使用して、世界150か国以上で人々が自分の生活をどのように評価しているかを報告するものである。もちろん、幸福への関心は世界的なものである。WHRは2021年に900万人以上に届いた。WHRは、最初に発表されて以来、2つの重要な思想に基づく。1つは、幸福または人生の評価はオピニオン調査で測定できるということ。そしてもう1つは、ウェルビーイングの主要な決定要因は特定可能であり、それにより国家間の生活評価のパターンは説明可能だということだる。こうした情報は、次に、各国がより幸せな社会を実現することを目的とした政策策定に役立つ。

ジェフリー・サックス教授は、WHRの起源と目的を以下の通り説明する。「10年前、世界中の政府は、世界の開発アジェンダの中心に幸福を置きたいという願望を表明し、その目的のために国連総会決議を採択した。WHRは、より大きな世界の幸福への道を見つけるという世界的な決意から生まれたもの。今、パンデミックと戦争の時代に、私たちはこれまで以上にそのような努力を必要としている。そして、長年にわたるWHRの教訓は、社会的支援、お互いへの寛大さ、そして政府の誠実さが幸福のために重要だということである。世界の指導者はWHRに注意を払うべき。政治の注目は、偉大な賢人がずっと前に主張したように、支配者の力ではなく、人々の幸福に向けられるべきだ。」

WHR2022.jpgWHRが10年前に発表されて以来、幸福と生活満足度を測定することへの関心が高まっている。これは、2005/06年度以降のギャラップ世界世論調査で入手可能なデータによりかなりの程度まで可能になっている。WHRは毎年、過去3年間の調査のデータをまとめて、サンプルサイズを増やし、精度を高めている。

150か国以上をカバーする15年間のデータが利用可能であることにより、これまでにない棚卸しの機会を我々は得ている。 幸福度が最も改善したのはセルビア、ブルガリア、ルーマニアの3ヵ国、幸福度を大きく落としたのは、レバノン、ベネズエラ、およびアフガニスタンの3カ国であった。

「WHRで検討されたデータは、世界中の人々が自分の幸福をどのように評価しているかのスナップショットと、ウェルビーイングに関する科学的見地からの最新の洞察のいくつかを提供してくれる」とララ・アクニンは述べる。 「この情報は、人間の状態を理解し、人々、コミュニティ、国がより幸せな生活を送るためにどのように役立つかを理解するために非常に強力です。」

3月20日(日)は、国連が定めた「世界幸福デー(International Day of Happiness)」である。この記事を書いているのはまさにその当日だが、日曜日であるため、ブータンの主要メディアはまだこれを報じていない。たぶん、21日あたりのクエンセルでは何らかの記事が掲載されるだろう。幸いなことに、昨夜(19日)に首相官邸から追加緩和策のアナウンスがあり、明日からティンプーは同じメガゾーン内であれば移動して事業所に行っていいことになった。レストランも再開される。そういう意味では、市民は外を歩ける幸せをかみしめる日になるであろう。僕も約1カ月ぶりに出勤できそうだし、これから年度末に向けて、片付けねばならないことが結構多い。そのために、本日は予約投稿をさせてもらっている。

続きを読む


タグ:GNH
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

再読『国土計画を考える』 [持続可能な開発]

国土計画を考える―開発路線のゆくえ (中公新書)

国土計画を考える―開発路線のゆくえ (中公新書)

  • 作者: 本間 義人
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1999/02
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
列島改造、田園都市構想など時々のコンセプトを掲げて国土を開発してきた「全国総合開発計画」は日本の現在の豊かさの原動力となった。反面、中央主導、公共投資重視によって環境破壊、東京一極集中をもたらし、地価高騰、政官財界の癒着を生み出したのも国土計画であった。しかし98年に策定された新計画にこの反省は生かされていない。地方分権と行財政改革が迫られている現在にふさわしい国土計画とはどのようなものであるべきか。
【キンドル】
このところ度々話題にしている3月14日(月)の講義、1週間の余裕残しで読上げ原稿を先に作り、7日(月)からは講義資料のスライド作成に入った。「余裕残し」といってもそれほど余裕があるわけではない。スライドを作りはじめてみて、これからが情報武装・理論武装の正念場だと気を引き締めている。

その情報武装の一環で、日本の地域開発政策の経験を復習しておこうと思い、5年半ぶりに再読することにしたのが本書である。1962年策定の「全国総合開発計画」(一全総)から、1998年策定の「21世紀の国土のグランドデザイン」(五全総)に至るまでの国土計画の歴史と教訓、そしてその反省と教訓を次の全総策定に生かせず、東京一極集中と地方にある廃墟リゾート施設、地価高騰とバブル崩壊、県知事の中央陳情、予算ぶんどり合戦等を生み続けてきた日本の半世紀近い失敗の経験を、わりとコンパクトに整理してくれているいい文献だ。

また、自分の講義プランとの関係で言えば、①全総と各県の県総合開発計画の連動性(特に「定住圏構想」を謳った1977年の「三全総」と80年代の「テクノポリス構想」が県の施策に与えた影響)、②僕たちが学生時代に途上国開発の文脈で語っていた「内発的発展論」と日本の地域開発政策との関連性、さらに、③自分の講義の最後のまとめで使おうとしていた「地域における交流と学習のデザイン」というのが、全総の経験と教訓の中からも導き出せるのか、という3つの点から確認できたのが収穫といえる。

前回紹介した際、相当な箇所の引用をブログ上でやっていたので、そちらも参照していただければと思うが、上記で示した再読にあたっての問題意識から、新たに下線を引いた箇所について、少しばかり追加で引用させていただければと思う。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

『スモールイズビューティフル再論』 [持続可能な開発]

スモール イズ ビューティフル再論 (講談社学術文庫)

スモール イズ ビューティフル再論 (講談社学術文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/04/10
  • メディア: 文庫
内容紹介
物質至上主義、科学技術万能主義を痛烈に批判した前著『スモール イズ ビューティフル』。その思想を更に敷衍した小論文を「リサージェンス」誌に発表したもののアンソロジーが本書である。地球環境に配慮し、人間の身の丈に合った、「精神性」のある経済政策を提唱して反響をよんだ、シューマッハー独特の経済論。新訳、文庫オリジナル。
【購入】
日本出発のずっと前に購入し、出発までずっと積読にしてあった1冊。今年の目標は「古典を読む」ことだったので、読んでおけば後で何かの引用で使えそうな古典は、まとめてこちらに持って来ている。シューマッハーの著作を「古典」で括るのにはちょっと語弊もありそうだけれど、開発途上国に来たら来たで、シューマッハーの論点には頷けるものが非常に多い。

で、今回は、さすがに『スモールイズビューティフル』の訳本の方は持って来ていないけれど、長らく積読にしていた『~再論』の方は持って来た。前回、『スモールイズビューティフル』読了後の紹介記事では結構ちゃんと書き込んだ感じだったし、その後原書のキンドル版も購入してマーカー箇所を転記してあるので、いざとなればそちらを参照することにし、今回は、英国の隔月誌「リサージェンス」に1966年から77年にかけて寄稿された論文のアンソロジーの訳本の方だけを携行した。

で、ここ2カ月ほど断続的に別の「古典」を読み続けているけれど、あまりに難解で、1日10頁読めればいい方という状態だった。それでまだ230頁しか到達していない。ちなみに全体では670頁もある学術文庫本で、先は気が遠くなるほど長い。読んでいても全然頭に入ってこないから、時々息抜きがしたくなり、今回のような別の読み物を挟む事態に陥る。で、そちらの方が圧倒的に読みやすく感じる。

こうして、スラスラと読み進めることができた。元々『スモールイズビューティフル』を過去に読んでいて、シューマッハーの思想についてはあらかたわかっていたという点も大きいと思う。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

『持続可能な開発における〈文化〉の居場所』 [持続可能な開発]

持続可能な開発における〈文化〉の居場所――「誰一人取り残さない」開発への応答

持続可能な開発における〈文化〉の居場所――「誰一人取り残さない」開発への応答

  • 出版社/メーカー: 春風社
  • 発売日: 2021/01/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
持続可能な開発に、地域文化や文化的多様性はいかにして結びつく・結びつけられるべきか、開発学・人類学・教育学から多角的に検討。
【献本】
本書は、今年1月、発刊になったばかりの頃に、執筆者のお一人から献本された。1冊3,850円もする本を献本いただくのは身の引き締まる思いで、早く読まねばと思いながら、それでも半年経過。僕も別の本の執筆協力をして、その方にお返しで1冊謹呈したが、そっちの方は4,180円だったので、これでほぼおあいこにして、半年の遅れをお許しいただけたらと思う。

当然、献本だからポジティブなコメントからスタートさせたい。国際協力とはいえ、今僕自身が派遣されている国は本書ではほとんど出てこないが、それは置いておいても、国際協力の実践者であれば読んで示唆を得られる1冊だと思う。「持続可能な開発」とか、「SDGs」とかいうと、昨今実に多くの解説本が出ている。その多くは、そもそもそれらについて知らない人に知ってもらうことを目的に書かれているため、論旨が割とシンプルなものが目立つ。最も極端なのは、「SDGs=ビジネスチャンス」という、想定読者をビジネスパーソンに定めているような本である。それはそれでニーズがあるだろうし、出版サイドでも、「SDGs」と付けば売れるという読みもあるだろう。

それに対して、本書の執筆者のほとんどが研究者である。研究者の書きぶりは堅苦しいし、他の世界的に影響力の大きかった文献の論旨を援用して権威付けが図られるケースも多いし、カタカナ概念も目立つ。決してとっつきやすい書きぶりではないのだが、1つ言えることがある。世の中のSDGs解説本に比べて、圧倒的に考察が深く、そして面白い。にわか専門家が論じているわけではなく、各執筆者が長年そのフィールドにおいて参与観察を重ね、そしてそこからの知見を新たに国際社会を支配しようとする概念やその形成プロセスとも絡めて、留意すべき点を考察している。それに、高額であるにも関わらず、売上促進を狙って「SDGs」という言葉をタイトルに入れず、より長く使われてきた「持続可能な開発」という言葉までにとどめた点に、学界の矜持すら感じた。

SDGsの解説本を読み、ビジネスチャンスを掴もうと考えて持続可能な開発に取り組もうと入ってきた人は、次のステップとして、こういう文献も読むべきだ。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

『森の生活』 [持続可能な開発]

森の生活 (講談社学術文庫)

森の生活 (講談社学術文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1991/03/05
  • メディア: 文庫
内容紹介
ボストンの近郊、コンコードの町に近いウォールデン池のほとりに、ソローは自ら建てた小屋で、2年3ヵ月、独り思索と労働と自然観察の日々を過した。人間の生活における経済の理念をはじめ、人生のあるべき姿や精神生活の大切さ、森の動植物への情愛などを語りながら、彼は当時のアメリカ社会と人間を考察し続けた。物質文明の発展が問い直されている今日、ソローの思想の持つ意味はますます大きい。
【購入】
隔離施設収容が21日間もあると、普通は読めないような大部の本を読むいい機会かもと思い、今回携行したのがこの古典の邦訳であった。新型コロナウィルス感染が始まった頃から、日本では「ソロキャンプ」とかいうのが流行り始めたが、そこで期待される効能を今から170年以上前に訴え、米国ニューイングランド地方で、2年以上にもわたるソロキャンプを敢行した人がいた。19世紀半ばというのは、米国文学の黄金期だと思うが、その中でも代表的なのが、ヘンリー・デビッド・ソローの『ウォールデン、または森での生活(Walden, Or Life In The Woods)』(以下、森の生活)である。

walden-pond-1.jpg

確か、昨秋ロバート・B・パーカー『初秋』を読んだ時にも、『森の生活』には言及されていたなと思い出す。パーカーのスペンサーシリーズの舞台もボストンだし、確かスペンサーがポールを連れて行ってログハウスを作った森というのはメイン州だったと記憶しているけれど、ウォールデン池の写真を見ると、『初秋』の舞台もきっとこんな感じだったんだろうなと想像してしまう。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

『人新世の「資本論」』 [持続可能な開発]

人新世の「資本論」 (集英社新書)

人新世の「資本論」 (集英社新書)

  • 作者: 斎藤幸平
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2020/10/16
  • メディア: Kindle版

【『新書大賞2021』第1位!大賞受賞作!!】
人類の経済活動が地球を破壊する「人新世」=環境危機の時代。気候変動を放置すれば、この社会は野蛮状態に陥るだろう。それを阻止するためには資本主義の際限なき利潤追求を止めなければならないが、資本主義を捨てた文明に繁栄などありうるのか。いや、危機の解決策はある。ヒントは、著者が発掘した晩期マルクスの思想の中に眠っていた。世界的に注目を浴びる俊英が、豊かな未来社会への道筋を具体的に描きだす。
【購入】
4月から5月にかけて、どこの書店に行っても店頭平積み台にデーンと陳列されていた話題の書である。個人的な印象だが、このところやたらとマルクスの『資本論』が話題に上ることが多いと感じていて、この際だから五度目の海外駐在に併せて読み込もうと思っていた古典の中に『資本論』も加えようかと考えた。しかし、マルクス『資本論』は岩波文庫版でも9巻もある。どうしても食指が伸びず、それなら代わりにマルクス解説本でお茶を濁そうと考え、駐在生活に携行する本の中に、この話題の書を加えた。

結果的にはこれで良かったと思う。マルクスも、『資本論』のような公刊されている著作物以外にも、誰かに宛てた手紙とか、その下書きとか、メモとか日記とか、読んでいた本とか、他の人がマルクスについて語っている口伝とか、その思想の全体像を理解するにはいろいろな資料があると思う。また、『資本論』第1部が出たのは1867年だが、第2部、第3部は、1883年にマルクスが没した後に、エンゲルスが遺構をまとめて著したものだそうである。ということは、第1部発刊からの16年の間に、マルクスも当初『資本論』で書いたことから、修正したいところもあったかもしれない。エンゲルスによるまとめがあったとしても、まだカバーしきれない遺構などは存在したかもしれない。それらを著者なりにまとめて、「人新世」と呼ばれる現代を生きる僕らに示したのが、『人新世の「資本論」』ということになる。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 持続可能な開発 ブログトップ