SSブログ
仕事の小ネタ ブログトップ
前の10件 | -

『なぜ、日本の職場は世界一ギスギスしているのか』 [仕事の小ネタ]

なぜ、日本の職場は世界一ギスギスしているのか (SB新書)

なぜ、日本の職場は世界一ギスギスしているのか (SB新書)

  • 作者: 沢渡 あまね
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2021/12/07
  • メディア: 新書
内容紹介
人間関係、生産性、やりがい、満足度……日本の職場は「ワースト1位」! ?
職場がギスギスしている……。そう思ったことはないでしょうか? 残念なことに、それは気のせいではなく、紛れもない真実です。それも日本の職場は「世界一」ギスギスしていると、国際調査で明らかになったのです。日本の職場のどこに問題があるのでしょうか? 本書では、350以上の企業・自治体・官公庁で職場コミュニケーションと組織風土の問題に向き合ってきた著者が、豊富な実例とデータを基に、職場のギスギスの原因を掘り下げ、働きやすい職場に生まれ変わるためのアイデアを提案します。
こんな職場は危険信号
●コロナ禍以前と働き方は変わらない
●誰に何を聞けばいいのかが分からない
●「〇〇さんにしか分からない仕事」がある
●部署間の連携が取れない、敵対している
●新しいことに挑戦しにくい
●雑用が多くてスキルが伸びない
●正社員と非正規社員に大きな格差がある
【購入(キンドル)】
僕がこの手の組織管理の本を本気で読んだのは、管理職になったばかりの2004年頃と、一部署を束ねる立場になった2016年頃ぐらいだろう。今はもうそんな立場は卒業しているため、自分の今の仕事には参考にもあまりなりませんでした、というのを最初にお断りしておく。

他人事のようにこう述べているわけだが、今、管理職をやっている人や、部署を統括する立場にいる人は、それが僕が知っている誰であろうとも大変だろうと同情する。小さな職場であってもスタッフ間での連携が取れてないところはあるし、管理職に現場の情報が上がっていかないし。そもそも現場にいる者の声を拾ったりもできていない。それは現場に近いところにいてある組織を外から見ていて強く感じる点だ。管理職は指揮下のスタッフ一人一人が何を思っているのか聴き取る機会も作れていないのかもしれない。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

再読『こんにちはPython』 [仕事の小ネタ]

ゲームセンターあらしと学ぶ プログラミング入門 まんが版こんにちはPython

ゲームセンターあらしと学ぶ プログラミング入門 まんが版こんにちはPython

  • 作者: すがや みつる
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2020/04/29
  • メディア: Kindle版
内容(「BOOK」データベースより)
だれでも、はじめてでも、ゲームが作れる! エラーなんか怖くない! 作って動かす楽しさを体験しよう! 伝説のゲームマンガでプログラミングが身につく!
【再読(キンドル)】
先週末、土曜午後に急に始まった長時間の停電の中で、事前に充電がしっかりしてあったKindleで、奥田英朗『田舎でロックンロール』を再読した話は前回ご紹介した。実は、この奥田さんのエッセイ集の前に、息抜きなんだからというので再読を始めたのは2冊のマンガだった。1冊は本当に純粋にマンガなので、ブログでの紹介は端折る。でももう1冊は、実益も兼ねているだけでなく、実際にIDLEでコードを打ち込んで、プログラムを動かすところまで試すことで、初読時よりも付加価値を付けられたので、再読でも取り上げることにする。

読み始めたのは土曜午後だったが、こと今回に関してはIDLEでコーディングを実際にやりたかったため、停電明け以降の週末をこれに費やした。ゼロからコードを書かねばならないようなプログラムは全部で10件程度だから、半日あればすべてのコードは入力可能だろう。僕の場合は、たぶんWindowsを英語環境で使っているからだと思うが、IDLEでコードを書く時、#(ハッシュ)を日本語入力すると文字化けするという状況だった。「フィズバズゲーム」や「じゃんけんゲーム」ぐらいなら、それぞれ"Fizz/Buzz"や"Rock/Paper/Scissors"で代用できるが、ハッシュタグの日本語入力ができないのが「じゃんけんゲーム」の途中ぐらいからちょっとストレスになっていった。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

わからん!『わかる!電子工作』 [仕事の小ネタ]

わかる!電子工作 (I/O BOOKS)

わかる!電子工作 (I/O BOOKS)

  • 出版社/メーカー: 工学社
  • 発売日: 2021/11/26
  • メディア: 単行本
内容紹介
かつて電子工作のイメージと言えば、専門的な知識と技術を必要とするものでした。しかし、「Raspberry Pi」や「M5Stack」など、ハンダなしでも動かせるマイコンボードが主流となり、そのハードルは下がりました。本書では、手軽になった「電子工作の現状」や「最低限必要なもの」や、意外とつまずきやすいプログラミングについての基本的な事項など、実例を交えて解説します。
【購入】
この手の本を内容も確認せずに購入検討する際、僕が参考にしているのは、メイテック社が運営しているネットメディア「fabcross」である。ここで新刊の案内を確認して、面白そうだとアマゾンで注文し、家族に食材を送ってもらう際に、段ボール箱のなかに紛れ込ませてもらう。本書もそんなプロセスを経て、今年1月に僕の手元に届いた。

電子工作は依然として僕にとってもブラックボックスだ。取り組むために最低限揃えておいた方がいいものが何なのかもわからない。難なく電子工作をこなしている人は「趣味の延長」ではじめたと仰るが、この年齢になってから新たに取り組むには最もつらい領域だと僕には思える。この手の本は新陳代謝が激しいので、同じテーマを扱うなら刊行が新しいものを選んだ方が得策だと考えたりする。開発環境が頻繁にアップデートされるので、数年経ると本の解説と実際の画面が全然違うということも日常茶飯事だ。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

『エミール(まんがで読破)』 [仕事の小ネタ]

エミール (まんがで読破)

エミール (まんがで読破)

  • 出版社/メーカー: Teamバンミカス
  • 発売日: 2021/09/11
  • メディア: Kindle版
内容紹介
世界を変えた男の育成シミュレーション。 18世紀フランス。神は国王を使者として人々を支配するという「王権神授説」により階級社会が形成されていた。このような不平等が成立する社会を改革すべく、哲学者・ルソーは人間の教育に着目する。人間本来の善性によって教育のあり方の理想を追い求める、現代でも教育を志す者のバイブルとして読み継がれる思想書を漫画化。
【Kindle Unlimited】
首都ロックダウンで悶々と暮らしていた時期、刺激が欲しくて聴講したウェビナーの1つで、ルソーの『エミール』が参考文献として紹介されていた。

昨年は年初に「古典を読む」と目標に掲げ、アダム・スミス『道徳感情論』『国富論』等を購入して当地に持ってきたが、初期に読んだ『道徳感情論』が難解なうえに膨大で、ダラダラ読んで余計わからなくなり、数カ月かけて最終ページまでは辿り着いたけれど、何が書かれたのかがさっぱり表現できないという苦い経験をした。一方、今年に入ってから聴き始めたポッドキャストのCOTEN RADIOで、「フランス革命」のシリーズを聴いた際、その思想的基盤として紹介されたルソーについては興味が湧いていた。当然『社会契約論』なんかも読みたい古典リストの仲間入りとなるわけだけれど、過去の経緯があって、すぐにどうこうとはならなかった。でも、COTEN RADIOの「フランス革命」シリーズの後で聴講したウェビナーで再びルソーに言及されると、これは何かの思し召しかなと思えてきた。

ということで、『エミール』を読みたい本のリストに加えようとしたのだが、古典には依然として恐怖心があったし、そもそも原著の日本語訳がいっぱい出ていて、どれがいいのかもわからない。岩波文庫は三分冊ときた。全部読んでたら1年以上かかる気がしたので、先ずは手っ取り早く内容がわかればいいと割り切り、Kindle Unlimitedで読める「まんがで読破」シリーズを選ぶことにした。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

再読『作ることで学ぶ』 [仕事の小ネタ]

作ることで学ぶ ―Makerを育てる新しい教育のメソッド (Make:Japan Books)

作ることで学ぶ ―Makerを育てる新しい教育のメソッド (Make:Japan Books)

  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Invent To Learn: Making, Tinkering, and Engineering in the Classroom

Invent To Learn: Making, Tinkering, and Engineering in the Classroom

  • 出版社/メーカー: Constructing Modern Knowledge Press
  • 発売日: 2013/05/07
  • メディア: ペーパーバック

【購入(原書の方はキンドル)】
2017年1月にご紹介して以来、5年ぶりに再読した。前回読了時に、読書メーターの感想で、僕は「長くてかなりの部分は飛ばし読みしたけれども、先ずはどこに何が書かれているかを知っておくだけでも有用で、実際に教育機関でメイカースペースの付設やその運営に関わるようになったら、その局面局面で必要な助言を得るのに本書は活用すればいいと思う」と述べていた。結局、今そういう立場に身を置くようになったので、久々に読んでみようという気になった。

前回の記事を読み直してみたが、意外と今回と同じようなことを感想として述べていたというのがよくわかる。その意味では前回の記事に内容紹介は譲ってもいいと思うが、今回強調しておきたいのは、飛ばし読みをしないほどに、今の仕事との関連性が強いという点だ。いずれ何かの機会に引用することも想定して、原書の方も併読して、同じ箇所にはマーカーを引いたりもした。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

『「探求」する学びをつくる』 [仕事の小ネタ]

「探究」する学びをつくる

「探究」する学びをつくる

  • 作者: 藤原 さと
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2020/12/04
  • メディア: Kindle版
出版社からのコメント
経済・教育格差が広がるなか、子どもの生きる力を伸ばし、幸せな未来につなげる「探究」する学びをつくるにはどうすればよいのだろう。世界屈指のプロジェクト型学習を行う米ハイ・テック・ハイ校は低所得層の生徒が約半数だが大学進学率は96%を誇る。その教育プログラムを日本に導入した著者による探究の教科書。
【購入(キンドル)】
先月、首都ロックダウンの最中に出てみたオンラインセミナーの基調講演で、本書の著者が登壇されていた。FB友にも別の経緯から本書を紹介していた友人がおり、それで興味があってこの著者の登壇されるオンラインセミナーも出てみたわけだけど、やはり面白そうだなと思ってキンドルでダウンロードしてみた。

本書は全編を通じてハイ・テック・ハイ校の紹介ともいえる。現時点ではまだ著者が勧める2016年のドキュメンタリー映画『Most Likely to Succeed』を観てないので、見たらもっと理解できるような気がするし、同じく著者が度々引用している同校の教員がまとめたプロジェクト型学習(PBL)の実践ガイドを読めば、同校における「本質的な問い」の立て方ももっと理解できたかもしれない。少なくとも次のステップで何をやったらいいのかが少しわかっただけでも、前進だと受け止めたい。


Hands And Minds: A Guide To Project-Based Learning For Teachers By Teachers

Hands And Minds: A Guide To Project-Based Learning For Teachers By Teachers

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ペーパーバック


続きを読む


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

2カ月間、3Dプリントを習ったなら [仕事の小ネタ]


先週、労働人材省がソーシャルメディア上でこんなアナウンスをした。

チュメ職業訓練校(TTI)で、2カ月間の3Dプリントの研修があるらしい。対象はクラス12修了生、定員は20名。4月18日から研修開始し、2カ月行われるとの由。しかも、1ヶ月3,500ニュルタムの研修手当の現金給付あり。もちろん、会場はチュメTTIなので、宿泊施設は提供される。

チュメTTIには、以前青年海外協力隊員も派遣されいていたのだが、2018年7月で離任した後、日本からのボランティア派遣はなく、その後韓国のシニアボランティアが長期派遣されていた。あいにく、この方は新型コロナ感染拡大を受けて任期短縮して帰国されたが、その際、3Dプリンターを1台、労働大臣に寄贈していかれた。大臣への寄贈だから、労働人材省の本省で保管されているのかと思っていたら、元々の配属先だったチュメTTIで運用されるということなのだろう。

なお、このシニアボランティアの方の職種は決して3Dプリントだったわけではない。趣味で3Dプリンターを持ち込まれたそうで、それを利用して、透かし絵入りの照明機器を試作された。チュメTTIで指導されていたお仕事とはあまり関係がない、あくまで趣味の話だと聞いている。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『情報科学芸術大学院紀要』第11巻 [仕事の小ネタ]

kiyo11_cover-105x155.png情報科学芸術大学院大学
情報科学芸術大学院大学紀要 第11巻・2019年
2020年3月19日
https://www.iamas.ac.jp/iamasbooks/wp-content/uploads/2020/04/journal_of_iamas_vol-11.pdf



前回、ニール・ガーシェンフェルド『考える「もの」たち』でMITメディア・ラボについて言及し、芸術とテクノロジーの橋渡しという点について思いを馳せた時、もう1つ自分の頭の中に浮かんだのは、岐阜県大垣市にある情報科学芸術大学院大学(IAMAS)のことだった。自分の実家からほど近いところにあって、メディア表現研究科しかない小さな大学院大学だが、芸術表現の手段としてデジタルテクノロジーも駆使するため、単に芸術を勉強するだけでなく、テクノロジーを理解し、使いこなすことも求められる。『考える「もの」たち』の言葉で言えば、「ものについて学ぶ」ことと「ものをつくる」ことの両方を学べる場所ということになる。

僕はIAMASが2001年にできるはるか以前に故郷を離れて、さらに言えばできた当初は日本にもいなかったので、IAMASについて知ったのはもう少し後のことになる。さらに、知った当時もそれほどの関心もなかったので、「ふ~ん」ぐらいにしか思っていなかった。

それが自分の中でちょっと大きな存在になって来たのは、2013年秋に「ファブラボ」とか「デジタルファブリケーション」といった言葉を初めて知ったのがきっかけだった。日本に最初にファブラボができたのは2012年のことらしいが、その初期に立ち上がった日本のファブ施設の中に、IAMASが立ち上げたf.Laboというのが含まれていた。故郷の施設だとはいえ、直接つながる人脈もなかったし、里帰りする期間も毎回短いものだったので、利用するきっかけもなく、遠くから眺めていただけだったが。

ただ、その時の関心はf.Laboにあって、IAMASにあったというわけではない。f.Laboは2014年にIAMASがソフトピアジャパン地区に移転した際に、市民向けデジタルものづくり工房としての役割は、新たにできた「ファブコア(Fab-core)」という別の施設に移ったが、IAMAS構内には、学生や教員が利用するイノベーション工房というのが別途あるらしく、そこでは岐阜県や大垣市といった自治体、周辺の小学校や美術館、NPO等と協働し、人材育成事業や社会課題解決に向けたものづくりの実装等が行われていると知った。

そして、2019年に日本に帰って来て最初の冬、大垣で『岐阜おおがきビエンナーレ』というイベントが開催されることをたまたま知り、仕事の合間に実家に立ち寄り、出られるイベントにはちょっと顔を出してみることにした。

今回ご紹介する紀要の第一特集は、まさにこのビエンナーレに関する記録となっている。初日のシンポジウム「ソーシャル・ファブリケーションとメディア技術」は、仕事の都合上どうしても見に行けなかったので、それもあって紀要のハードコピーをわざわざ入手して、話された内容を今回確認してみた。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

『考える「もの」たち』 [仕事の小ネタ]

考える「もの」たち―MITメディア・ラボが描く未来

考える「もの」たち―MITメディア・ラボが描く未来

  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2000/03/01
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
いま、MITの産学協同の研究機関「メディア・ラボ」では、考えるものたちが続々誕生している。なぜ「もの」は考えるべきなのか? それはわたしたちの生活をどのように変えるのか? メディア・ラボにおける一大プロジェクト「考えるものたち」(Things That Think)の全貌がここに。
【購入(中古)】
本書は、首都の1回目のロックダウンがはじまった頃から読みはじめたのだが、第1章「考える「もの」とは何か?」の各節を読み終わった後、厳密に言うと第1章最終節「スマートマネー」あたりで記述が少し理解しづらくなり、読むのを後回しにした経緯がある。翻訳のせいだという意見もあるかもしれないが、2000年3月発刊の時点で、日本で誰も話題にしていたと思えないようなことで、著者には見えているものを翻訳者が同様に理解して、それをその当時あった日本語の語彙に落とし込んで描くなんてことは、至難の技であったに違いない。

繰り返すが、本書の発刊は2000年3月。「九州・沖縄サミット」が開催された年である。7月下旬に開催されたサミットでは、「グローバルな情報社会に関する沖縄憲章」が採択された。議長は、当時「IT」を「イット」と呼んで話題になった森喜朗総理であった。そうした森総理のリーダーシップ(?)もあり、「IT」は当時バズワードとなった。

ただ、そこで言われていたITとは、情報通信技術へのアクセス、情報へのアクセス、教育での情報通信技術の活用と人材の育成といったことだったように思う。僕を含めた下っ端役人はテクノロジーに対する造詣がないため、そもそもわかりにくい話が多かったし、わかってないから当然再現することもできない話ばかりだった。もっと言えば、そういうことを普通にやっていた人々、特にインドでアクセシビリティ向上に取り組んでおられたインド人技術者の方々のこと、僕は畏敬の念を持って見ていた。

ただ、本書で描かれている世界は、九州・沖縄サミットで論じられていたことよりもはるかに先に行っている。沖縄ITイニシアティブの前提は、コンピュータとはCPUにディスプレイとキーボードとマウスがつながったもので、それを利用するには机の前に座らないといけなかった。これに対して本書の前提は違う。コンピュータとはこちらが予めプログラムした命令に基づき、ものを制御したり、ものからデータを集めたり、それを送信したりするものだという考え方で、ウェアラブル端末に近いイメージである。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

『逃げの起業で小さく自由に生きていく』 [仕事の小ネタ]

逃げの起業で小さく自由に生きていく: 消極的起業のすすめ

逃げの起業で小さく自由に生きていく: 消極的起業のすすめ

  • 作者: 石崎 悟司
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2021/07/08
  • メディア: Kindle版
内容紹介
逃げるために「起業」を選んでもいい!みんなが「志」や「大きな目標」を持って起業しているわけではありません。嫌な事から逃れるための消極的な起業もアリだと思います。努力も必要ですが「やらされる」のと「自らやる」仕事は全く違います。独立しても大変な事はありますが、インターネットの恩恵により、リスクの小さいビジネスを行う事がやりやすくなりました。「自由」に自分に合った仕事の形を作る事ができます。逃げの起業で救われた、そんな筆者の実体験から、何かのヒントをお伝えできれば幸いです。『逃げの起業で小さく自由に生きていく』の1巻。
【Kindle Unlimited】
昨年12月、佐々木紀彦『起業のすすめ』をご紹介した際、「50代後半のオジサンが読むべき本ではない」とコメントした。アマゾンの書評にも「地方での起業やスモールビジネスくらいのスケールの起業を目指す方には参考にはならない」とのコメントがあった。そういう起業の規模感でいえば、本日ご紹介の著者の「逃げの起業」とか「消極的起業」っていい感じである。但し、著者は20代か30代前半と思われるが。

デカい起業の話は、それ1本である程度食っていこうとするものなのだろうが、本書で扱っている起業は、複数の収入源を組み合わせて、時には現金収入ではない別の形のベネフィットも組み合わせて、ほどほどの生活ができるぐらいでちょうどいいというもの。「身の丈起業」と言ってもいい。僕には、これくらいの規模感でちょうどいい。

そもそも100頁もない本なので、あまり内容を書きすぎると、本書に書かれていることを全部しゃべっちゃうことになってしまうので注意が必要だが、現金性の高さや再現性の高さから、初めは物販からスタートすべきとか、ふだんからお金を稼げる手段を常に考える習慣をつける とか、収入源を複数持つことで生活の安定や心のゆとりを手に入れるとかが、僕にとっては有用なアドバイスだった。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 仕事の小ネタ ブログトップ