SSブログ

ファブ・ブータン・チャレンジの経済効果 [ブータン]

ファブ・ブータン・チャレンジのイノベーションには高い費用対効果が期待できる
Fab Bhutan Challenge innovations expected to yield high return on investment
Karma Samten Wangda記者、BBS、2023年7月27日(木)
http://www.bbs.bt/news/?p=189565
fab-fest.jpg
【ほとんど抄訳【抄訳(www.DeepL.com/Translator(無料版)翻訳を筆者編集)】】
第19回世界ファブラボ会議・シンポジウム「FAB23」が明日閉幕する。ドルック・ホールディングス(DHI)が主催したこのイベントには、世界中から何百人もの発明家、アーティスト、研究者、起業家、クリエーターがブータンに集結した。しかし、FAB23では「ファブ・ブータン・チャレンジ」も開催され、5つのチームがブータンが直面するさまざまな課題の解決策のデザインに取り組んだ。経済学者による費用便益分析によれば、チャレンジを通じて得られたデザインへの投資は、投資額の12倍という高いリターンをもたらすという。

7月16日から21日にかけて開催されたファブ・ブータン・チャレンジでは、5つのチームがブータンが直面するさまざまな問題の解決策を見つけることに取り組んだ。これらの課題は、モンスーンに強い農業の促進、清潔な飲料水の提供、人間と野生動物の衝突の防止、伝統的な手工芸品の支援、特別な支援を必要とする生徒の教育アクセスの改善を目的としていた。

このチャレンジで5つのチームが提案したソリューションは、大きな可能性を示している。そのソリューションとは、農業の生産性を向上させるための自然空調温室、清潔な飲料水のための水流モニター、人間と野生動物の衝突を減らすための強化電気柵、織物生産を向上させるための標準化された織機デザイン、特別支援教育のための革新的な自助具などである。

アジア開発銀行のエコノミスト、ミラン・トーマスは、ファブ・ブータン・チャレンジをつぶさに観察し、最近、ファブ・ブータン・チャレンジによるイノベーションの経済収益について分析を行った。

経済効果は、便益と実施コストの両方を考慮した費用便益分析によって評価された。彼の分析によると、10年後、ファブ・ブータン・チャレンジのデザインは、実際に実施されるイノベーションの数にもよるが、投資コストの5倍から12倍の経済的リターンをもたらす可能性があるという。

さらに、このチャレンジで開発されたイノベーションは、意図したターゲット以外にもその範囲を広げる可能性があるという。

この分析では、ファブ・ブータン・チャレンジのイノベーションが、2034年までに高所得国になるというブータンの願望に道を開く可能性があると提案している。

既にファブ・ブータン・チャレンジは結果が出ていて、我がファブラボCSTがホストした「地域のアルミ缶廃棄物を活用して、障害児の自助具の部品として活用する(Aluminum Waste, Gracefully Braced)」が見事People’s Choice Awardを受賞した。記事が紹介しているような自助具のプロトタイプ展示だけでなく、オープンソースで現地複製が可能な点字プリンターも試作し、さらに将来的にはSENスクールの先生や生徒が、障害を持つクラスメートの自助具を自身でデザインできるよう、自助具デザインを学校のSTEAM教育に5年かけて統合していく政策提言まで行って、教育大臣はじめ教育行政関係者の注目を集めた。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

プンツォリンの教員不足 [ブータン]

教育大臣のお膝元での教員不足
Acute teacher shortage in Education Minister’s constituency
Dechen Dolkar記者、Kuensel、2023年7月7日(金)
https://kuenselonline.com/acute-teacher-shortage-in-education-ministers-constituency/
pling.jpg
【ほとんど抄訳【抄訳(www.DeepL.com/Translator(無料版)翻訳を筆者編集)】】
プンツォリン市内の4校では、過去6ヶ月の間に22人の教師が学校を去り、教師不足が深刻化している。市内には2つの高等中等学校(Higher Secondary School、以下HSS)と2つの小学校(Primary School、以下PS)の4つの公立学校がある。

市教育担当官代行のチミ・リンズィン氏によると、6月末にほとんどの教師が辞職したため、秋学期を含めた今年度の教師不足は合計で19名となった。市は前学期に10名の代用教員を7ヶ月間採用した。彼らは5月中旬から12月末まで採用された。2つの高校に配置された。しかし、欠員が出ているにもかかわらず、特にSTEM科目の教員を確保するのは非常に困難だという。「応募者の中には採用後に辞職する者もおり、我々は長い時間をかけて他の応募者を探さなければなりません。」

今年度の秋学期から、市内公立学校4校で合計19人の教師が不足する。プンツォリンHSSでは6人の教師が不足しており、数学が3人、物理、地理、歴史が各1人である。同様に、プンツォリン・リグサーHSSでは物理の教師が1人不足。プンツォリンPSは一般科目の教師が6人、ゾンカ語の教師が1人不足しており、ソナムガンPSでは一般科目の教師が5人不足している。

市教育担当官代行によると、市はすでに学校における教師の必要数を教育省に提出しており、同省がそれに応じて教師を配置してくれることを期待しているとのこと。

一方、7月1日より128名の大学院教育学位(PGDE)取得者が採用された。王立人事院(RCSC)は火曜日に彼らの忠誠の宣誓式を行った。彼らはBCSE2021で選抜された後、パロ教育大学とサムチ教育大学で18ヶ月の研修を修了した。彼らは2023年7月以降、全国の県や政令指定都市にある学校に配属される。

しかし、そのうちの5人は宣誓式の前に辞退した。彼らは18ヶ月のコースで発生した支出の2倍、46万ニュルタムを返金しなければならない。

全国の学校では合わせて842人の教師が不足している。

読んでいて暗くなる記事。チミ・リンズィンさんのことも存じ上げているし、ここで登場する公立学校の先生方の多くも存じ上げている。辞めちゃった先生のことも知っている。辞められたおかげで、これまでその学校に行っていたファブラボからのアプローチも、おじゃんになった苦い経験がある。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

『コメンテーター』 [奥田英朗]

コメンテーター ドクター伊良部 (文春e-book)

コメンテーター ドクター伊良部 (文春e-book)

  • 作者: 奥田 英朗
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2023/05/11
  • メディア: Kindle版
内容紹介
あのトンデモ精神科医・伊良部が17年ぶりに復活!直木賞受賞、累計290万部の「伊良部シリーズ」、17年ぶりの新刊です。低視聴率にあえぐワイドショーのスタッフの圭介は、母校のつてで美人精神科医をコメンテーターとしてスカウトしようとする。が、行き違いから伊良部とマユミが出演することに。案の定、ふたりは放送事故寸前のコメントを連発するが、それは暴言か、はたまた金言か!?
【購入(キンドル)】
週末読書には最適の1冊。奥田さん、今回もありがとうございます!

お気づきの通り、6月は前半の読書ペースを維持することができず、後半急ブレーキがかかり、かつ他のニュースをネタに解説をつけることもままならず、SSブログの更新が急にできなくなった。

理由はいつのも超多忙ってやつ。同僚から仕事を無茶ぶりされ、常に作業期限に追われる生活に陥った。親切心から引き受けちゃったZoom会議のホストも立て込んだ。ひどかったのは6月30日(金)で、CSTの卒業式の前後で、Zoom会議を4つもやった。翌7月1日(土)は2つ、今日2日(日)は6時間ものオンライン講習会があった。加えて、今週は集中豪雨も収まったようで、ティンプーからの来訪者も相次ぎ、夜の会食もあった。今うちのファブラボではインターン10人を受け入れているが、その10人の戦力化のために研修も主催した。

これだけやっていたら、普通に時間がない。こんなに空き時間のなさを感じたのは久しぶりだ。お陰で睡眠時間を相当削った1週間でもあったが、幸いなことに7月1日(土)の午前中に予定されていたユースセンターへの協力プログラムを、ユニセフから他のプログラム実施を急に言われたユースセンターが来週に延期にしてくれたおかげで、土曜日中に大きな穴が開き、ちょっとだけ余裕ができた。ここは息抜きだと思い、睡眠を多めにとるとともに、気軽に読める小説を急遽ダウンロードすることにした。

それが「ドクター伊良部」シリーズ最新刊である。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)