SSブログ
池井戸潤 ブログトップ
前の10件 | -

『ハヤブサ消防団』 [池井戸潤]

ハヤブサ消防団 (集英社文芸単行本)

ハヤブサ消防団 (集英社文芸単行本)

  • 作者: 池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2022/09/05
  • メディア: Kindle版

内容紹介
ミステリ作家vs連続放火犯
のどかな集落を揺るがす闘い!
東京での暮らしに見切りをつけ、亡き父の故郷であるハヤブサ地区に移り住んだミステリ作家の三馬太郎。地元の人の誘いで居酒屋を訪れた太郎は、消防団に勧誘される。迷った末に入団を決意した太郎だったが、やがてのどかな集落でひそかに進行していた事件の存在を知る───。連続放火事件に隠された真実とは?地方の小さな町を舞台にした、池井戸作品初の“田園”小説として、「小説すばる」連載中から話題を呼んだ珠玉のミステリ。
【購入(キンドル)】
今、日本でつかの間の休暇を過ごしている。その往路となるパロ~バンコク~羽田の空の旅の途中、思い付いてキンドルでダウンロードしたのが池井戸潤の新作だった。結構なボリュームがあって読了には時間を要したが、バンコク~羽田の夜行便の機中では取りあえず読み切るところまでは行けた。

池井戸潤といったら、メガバンクや企業を舞台にした作品がほとんどで、地方が舞台となる作品は極めて珍しく、新鮮な思いを抱きながら読み進めた。舞台となる八百万市というのは岐阜県八百津町をモデルにしているのだろうと思われるし、劇中登場する新興宗教との関わりで言えば、岐阜県では過去、郡上八幡や国道417号線の福井県境近くで「パナウェーブ研究所」という白装束集団の不気味な活動が話題になったことがあったので、本作品で出てきた新興宗教も、モデルは多分オウム真理教だろうと理解しつつも、パナウェーブ研究所騒動を思い出しながら読んだ。

過去、池井戸潤はこういう作品は描いたことがないので、とても新鮮に感じた。都会から引っ越してきた太郎が地元の人々の勧誘に遭って消防団に入団し、消防団の活動に深く関わっていくことになるプロセスは、重松清作品でもよく見られる展開だなと思っていたものの、中盤以降は消防団の活動そのものよりも、超高齢化が進む過疎地の集落に押し寄せる波を意識させるような内容に、ちょっとサスペンスを重ねる展開で、僕的には楽しめた。重松作品にはあまりミステリー要素ないから。似てる作品を挙げるとしたら、米澤穂信『Ⅰの悲劇』かも。で、米澤作品も舞台は岐阜県だったわけだけど。

このところ「宗教と政治」というのが日本では大きな関心事となっているみたいだし、そのうちこの作品もテレビドラマ化でもされるのではないかと期待したい。ドラマ化させやすい作品には仕上がっていると思う。田舎の良さというのは映像にした方がもっと伝わる気がする。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

『半沢直樹 アルルカンと道化師』 [池井戸潤]

半沢直樹 アルルカンと道化師

半沢直樹 アルルカンと道化師

  • 作者: 池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/09/17
  • メディア: Kindle版

内容紹介
★★「半沢直樹」シリーズ6年ぶりとなる待望の最新作!★★★
東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとにとある案件が持ち込まれる。大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版社・仙波工藝社を買収したいというのだ。大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて背後にひそむ秘密の存在に気づく。有名な絵に隠された「謎」を解いたとき、半沢がたどりついた驚愕の真実とは――。
【コミセン図書室】
TBSテレビ日曜劇場『半沢直樹2』の放送終了から既に5カ月。明らかにこのテレビドラマの放送終了のタイミングを狙って半沢直樹シリーズの新作を講談社が出してきたが、あまりにも露骨な戦術に嫌気がさして、すぐに読もうという気になれなかった。一昨年の『ノーサイド・ゲーム』のケースと同じだ。ドラマとタイミングを合わせた新作リリースに、商業主義には簡単に乗せられまいぞという反骨心が働く。

ところが、テレビドラマを一緒に見ていた娘が半沢直樹にハマり、録画してあった本編を何度も見返している。新作『アルルカンと道化師』が出ていることを知るや、「読みたい」と言い始めた。そこで、コミセン図書室で本書を見かけるや、すぐに借りてきて、僕は娘と同時並行で読むことにした。就寝前と早朝は僕が読み進め、昼間は娘が読むという分担で。

でも、結果は僕の方がとっとと読み終えてしまった。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

再読『銀翼のイカロス』 [池井戸潤]

銀翼のイカロス (文春文庫)

銀翼のイカロス (文春文庫)

  • 作者: 潤, 池井戸
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/09/05
  • メディア: 文庫

小池都知事が外出自粛要請を出された週末―――。巣ごもり状態での最初の読書は、この春始まるTBS日曜劇場『半沢直樹』後半の原作『銀翼のイカロス』の再読。

前回、2014年8月に一度読んでいて、その時のレビューは結構書き込んであったので、今回は軽めにする。原作のストーリーの復習が目的。思い出せたので良かった。

ただ、話が民主党政権時代を想起させるものだけに、ちょっとドラマ化するにはタイミングが遅くなっちゃったなという気はした。巣ごもりを強いられている時期にこのドラマはエキサイティングだとは思うが。視聴率相当稼ぎそうだね。

週末読書はまだまだ続きます。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

再々読『ロスジェネの逆襲』 [池井戸潤]

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/09/02
  • メディア: 文庫

自分的には再読のつもりだったけど、実は二度目の再読だとこのブログを書こうとして気付いた(苦笑)。まあ、TBSで久しぶりに日曜劇場で『半沢直樹』の新作が放映される直前でもあるし、彼岸の三連休だし、1冊ぐらいは小説を交えてもいいかと思う。

1回目(2012年9月)に読んだ際、「「全ての働く人は、自分を必要とされる場所にいて、そこで活躍するのが一番幸せなんだ。」っていうのは、今の僕自身の状況を考えたら、容易に首肯できなかった」とコメントした。7年半が経過した今、この半沢のセリフのところには再びマーカーで線を引いたけれど、それでは自分がそれを実感できているかというと、是ともいえるし否ともいえる。

どんな仕事において自分が必要とされるのかによる。必要とされる場所であったとしても、余人をもって代えがたいとして求められているのか、誰でもいいけどやってくれる人が必要だからと求められているのかによって、受け止め方は違う。与えられた仕事でベストを尽くしていればそれなりの評価は得られるけれど、器用貧乏というか、一つ間違えば何でも屋になってしまう。それでいいのかという気がしてしまう。

一方で、自分が本当にやりたい仕事をやるのに、一時的にであっても目の前の仕事でベストを尽くさねばならない時期もある。そういうのをコツコツやっていかないと、自分がやりたい仕事にありつけない。「この仕事をやらせろ」とアピールして、聞き入れてもらうためには今やっている仕事での実績が要るのも確かだ。

僕が本作品を30代とか40代とかで読んでいたら、それも受け入れていただろう。でもね、今や僕は50代後半。やりたいことははっきり見えていて、手も届くところにあるのだけれど、目の前には本意ではない別の仕事がある。それは最短時間で片付けたいのに、横やりを入れて話をややこしくする人が多い。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

『下町ロケット ヤタガラス』 [池井戸潤]

下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/09/28
  • メディア: 単行本
内容紹介
2018年10月放映、ドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)新シリーズの原作小説『下町ロケット ゴースト』に連なる、「宇宙から大地」編、クライマックスへ――! 
社長・佃航平の閃きにより、トランスミッションの開発に乗り出した佃製作所。果たしてその挑戦はうまくいくのか――。
ベンチャー企業「ギアゴースト」や、ライバル企業「ダイダロス」との“戦い"の行方は――。
帝国重工の財前道生が立ち上げた新たなプロジェクトとは一体――。そして、実家の危機に直面した番頭・殿村直弘のその後は――。
大きな挫折を経験した者たちの熱き思いとプライドが大激突!
準天頂衛星「ヤタガラス」が導く、壮大な物語の結末や如何に!?
待望の国民的人気シリーズ第4弾!!

テレビドラマが始まる前に、原作は読み切ってしまおう―――ということで、出たばかりの続編、さっそく読み切った。テレビドラマを見ることはないが、ドラマのキャストを確認した上で、彼ら彼女らの姿をイメージしつつ、読み進めることができた。島津役はイモトアヤコか。まあ確かにそうかもな~。

ストーリーとしては面白い。佃製作所としては新規事業を軌道に乗せられるところまで持って行けたという点ではしっかりした成功譚になっている。池井戸作品の良さは勧善懲悪にあるので、帝国重工内の「悪」の部分や、佃製作所を辞めて実家の父のコメ作りを継いだ殿村に忍び寄る「悪」が、最後はお返しを喰らうところは溜飲を下げる。

池井戸潤が初めて描いた農業というのもいい。実はこの人工衛星と農業をつなげる発想には数年前に少しだけ関わったことがあり、多少予備知識があったので、『ゴースト』を読んでた頃から、『ヤタガラス』の展開が想像できていたところもあった。期待通りだったと思う。面白かった。

続きを読む


タグ:農業 ICT
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『下町ロケット ゴースト』 [池井戸潤]

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
宇宙から人体へ。次なる部隊は大地。佃製作所の新たな戦いの幕が上がる。倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き思いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。高い技術に支えられ経営は安定していたかに思えたが、主力であるロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、大口取引先からの非情な通告、そして、番頭・殿村の父が倒れ、一気に危機に直面する。ある日、父の代わりに栃木で農作業する殿村のもとを訪れた佃。その光景を眺めているうちに、佃はひとつの秘策を見出だす。それは、意外な部品の開発だった。ノウハウを求めて伝手を探すうち、佃はベンチャー企業にたどり着く。彼らは佃にとって敵か味方か。大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ!大人気シリーズ第三弾!!

ドラマ『半沢直樹』の続編はなかなか描かれないのに、『下町ロケット』の続編は、ドラマ公開の少し前のタイミングで原作も世に出るという、お互いメリットがあるオイシイ戦略がうまくとられている。おかげで、ドラマ公開前に原作を読んじゃおうという流れが読者側にもでき、まんまとその戦略にハマっている自分を感じる。

『下町ロケット』シリーズ第三弾は、これだけ読んでも感想が書きづらい。ドラマTV公開まではまだ1カ月あり、しかも第三弾「ゴースト」は9月末に出る第四弾「ヤタガラス」とセットで読まないとドラマの先取りとならない。少なくとも、「ゴースト」の主役は佃製作所の面々というよりは、同社の新たな取引先となるベンチャー企業ギアゴースト社だと思う。佃製作所はギアゴースト社の苦境脱出に協力し、結果を残すところまでは描かれているが、本当の波乱は「ヤタガラス」をお読み下さいという感じで、幾つかの伏線は刈り取られずに終わっている。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『アキラとあきら』 [池井戸潤]

アキラとあきら (徳間文庫)

アキラとあきら (徳間文庫)

  • 作者: 池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/05/17
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
零細工場の息子・山崎瑛(あきら)と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬(あきら)。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。

この小説、読み始めたのが金曜日の夜、読了したのは土曜日の夕方。文庫本ながら720頁もある超大作、起きている時間のほとんどはこの読み込みに充てた。当地で17日(土)の午後といったら、韓国・ブータン国交樹立30周年記念事業の一環だった韓国K-POPスーパーコンサートというのがティンプー・チャンリミタン国立競技場で開催されており、僕ら外国人でも入場できたのだが、普段馴染みのないK-POPよりも池井戸潤だとばかりに、コンサート開始時刻15時を過ぎても自宅で読み込みを続け、16時には読み切った。こんなに時間の経つのも忘れて読んだのは実に久しぶりだ。

池井戸潤といったら銀行を舞台とした作品がもともと多い作家だが、これまで読んできた作品は、たいていの場合は銀行の内部を舞台にした勧善懲悪ものか、或いは銀行と、銀行と結託した大企業に翻弄される町工場の経営者や従業員を描いた勧善懲悪ものかのどちらかということが多かった。それが、今回はかなり長期間にわたる2人の青年の成長過程を描いていて、初期は銀行に振り回される町工場の悲哀、一大企業グループ内での親族間のいざこざで翻弄される本家経営者とその息子というのが描かれ、そこで少年時代を過ごした2人の「あきら」が、進路を銀行に定めて、その後力を合わせて企業とそこで働く人々の救済に奔走する話となっている。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『陸王』 [池井戸潤]

陸王 (集英社文芸単行本)

陸王 (集英社文芸単行本)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: Kindle版
内容紹介
勝利を、信じろ――。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?

この本は、今週一時帰国していれば、単行本を買ってブータンに持ち帰ろうかと思っていた池井戸潤の新刊である。こちらで、ある大物人物と来年3月のブータン国際マラソン(フル)を一緒に走る約束をしてしまった。実際本番まで残り半年となったので、最近になってようやくジョギングを再開した。気分的に盛り上がるには、こういう池井戸さんの勧善懲悪ものを読むのがいいかと思って、ひそかに楽しみにしていた。しかも、今度の作品の舞台がマラソン・駅伝。ランナーのパフォーマンスを下支えする、ランニングシューズに関するお話である。

ところが、楽しみにしていた一時帰国が急にできなくなってしまい、単行本を買ってくる計画も頓挫。でも読みたい気持ちは変わらずで、それならということでキンドル版をダウンロードすることにした。書籍版だと588頁もある超大作だが、電子書籍だとそんなに分厚い本だという印象はなかった。さすがにあっという間に読了というわけにはいかないが、楽しいひと時を過ごさせてもらった。現実逃避とも言えるが(笑)。

実は読み始める直前、僕は10月1日(土)に当地で開かれる12kmのロードレースにエントリーした。普段の練習では5kmしか走っていない人間が、いきなりその倍以上の距離を走るというのだから大変だ。気持ちが焦る反面、ここ2日ほどあいにくの雨で朝方ジョギングにも出かけることができずに過ごしている。そういう時のための長編小説。イメージトレーニングをしつつ、気合を入れるには十分すぎる1冊だ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『下町ロケット2 ガウディ計画』 [池井戸潤]

下町ロケット2 ガウディ計画

下町ロケット2 ガウディ計画

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/11/05
  • メディア: 単行本

内容(「BOOK」データベースより)
ロケットから人体へ―佃製作所の新たな挑戦!前作から5年。ふたたび日本に夢と希望と勇気をもたらすエンターテインメント長編!!

TVドラマ面白いですね。ドラマが二部構成になっていて、後半は池井戸さんの新刊『ガウディ計画』がベースになっていると知り、せめて第2部が中間点を過ぎてドラマが佳境に入ったあたりで原作を読んでおこうと考えていた。

先週末、ちょうど第8話が終わり、週末から関わっていた東南アジア某国への出張もひと段落したので、出張先最後の日の夕方、現地で電子書籍版を購入した。電子書籍版はこういうシチュエーションで気軽に購入できるからとても便利だ。

元々東京までの帰国フライトの機内で読もうと思っていた。ところが、前夜少し時間があったので、ホテルのジムでトレッドミルで10kmほど走っておこうと考え、走りながら読むのにこの作品を選択したのがよくなかった。走りながら1/4ぐらい読み進めてしまうと、続きが気になって仕方がない。走った後の夕食も外のレストランじゃなくルームサービスに切り替え、さらに読書を継続、さらには就寝時間も無視して読み進めてしまい、結局読了したのは午前1時を回っていた。

翌朝の帰国フライトが早いため、朝は4時起床を想定していた。午前2時近くにもなってあと2時間寝るのは目覚ましでも起きられないリスクが大きいと考え、結局そのままパソコンと向き合い次の仕事の資料作成などをやって過ごすことにし、朝睡眠不足のまま空港に向かうことになってしまった(苦笑)。

池井戸さん、なんて罪作り…。自分がいけないことは重々承知しているけど、こんなグイグイ読ませる作品を描いたあなたにもひと言申し上げたい(笑)。それだけ面白かったということです、ドラマのキャストを思い浮かべながら読めた。

これで予習は完璧。それでは最終回までのあと2回、ドラマを楽しむことにしよう!

*内容紹介してなくてスイマセン。まあ「日記」ということでお許しを!!
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『株価暴落』 [池井戸潤]

株価暴落 (文春文庫)

株価暴落 (文春文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/03/09
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
巨大スーパー・一風堂を襲った連続爆破事件。企業テロを示唆する犯行声明に株価は暴落、一風堂の巨額支援要請をめぐって、白水銀行審査部の板東は企画部の二戸と対立する。一方、警視庁の野猿刑事にかかったタレコミ電話で犯人と目された男の父は、一風堂の強引な出店で自殺に追いこまれていた。傑作金融エンタテイメント。
今月に入って4作目の池井戸作品のご紹介になる。短期間にこれだけ続けると飽きが来ないかとも思うが、今月読んだ4作品は銀行が舞台となっているという1点を除けばストーリーの共通性はあまりないので、新たに読むたびに新鮮なカタルシスを味わうことができた。

なぜこれほど集中したかというと、『銀翼のイカロス』を除く3作品は、近所のコミセン図書室に収められている文庫版で、たまたま借りることができたからというのに過ぎない。以前から狙っていた本であり、書架で発見したら迷わず手に取ることにしている。池井戸潤は人気が出てしまったので、一瞬でも借りるのを躊躇すると、誰かに借りられてしまう恐れがある。

月末が近くなってきていて、僕はお盆休みの帰省中に読まねばと思いつつどうしても読み切れなかった専門書2冊の読み込みを最優先でやらねばならない状況である。ところが、お盆休みが明け、その間に借りていた3冊を図書室に返却に行ったところ、たまたま新着本の棚に『株価暴落』の文庫版があるのを発見してしまった。千載一遇のチャンスである。他に優先しなければいけない専門書があったものの、就寝前のひと時や朝出勤前の風呂、トイレ等の時間を利用して少しでも読めると踏み、僕は新たにこの本を借りることにした。

本にまつわるエピソードが長くなってしまったが、ここからが本題―――。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 池井戸潤 ブログトップ