So-net無料ブログ作成

しっかりやれ、G2C [ブータン]

インターネット接続問題がG2Cサービスの足枷に
Internet problems impede G2C service delivery
Kuensel、2017年11月28日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/internet-problems-impede-g2c-service-delivery-2/

【ポイント】
上院特別委員会が行った調査で、市民向け電子政府サービス(G2C)を提供するコミュニティセンター(CC)は、3カ所に1カ所以上がインターネット接続環境の問題があって、利用できない状態にあることがわかった。97カ所のCCのオペレーターに行った個別インタビューでも、40%以上の回答者がインターネット接続が最大の問題だと答えている。また、回答者の20%は十分な人材配置や適切な研修機会がないこと、16%は関連政府機関の許認可申請承認が遅いこと、12%が頻繁な停電を問題点として挙げている。

G2Cは120項目ものオンラインサービスを提供しているが、うち最も利用頻度が高いのはたったの7項目(5.8%)。警察が発効する身分証明、誕生登録、家系図等の世帯情報、木材伐り出し許可、商取引免許の更新、燃料用木材伐り出し許可等。

1,201人の回答者のうち、過去1年以内にG2Cのサービスを利用したのは480人(49%)。28%の回答者はG2Cサービスの存在自体を知らなかった。その中には、女性や農民が大半を占めていた。また、G2Cサービスを知らないと答えた回答者は、公務員の2%、地方自治関係者の4%いた。

殆どの許認可申請承認は1日以内でなされるが、地方での木材伐り出し許可は、1週間から1カ月かかると答えたのが72%、1カ月以上と答えたのが13%いた。森林公園サービス局によると、手続き処理期間は1カ月と定めているので、申請者の13%は期間内に承認が受けられないことになる。

これらの調査結果をもとに、報告書は、啓発活動、インフラ強化、承認手続き日数の短縮、オペレーターの能力強化等について、6項目の提言を行っている。上院特別委員会は、これらを踏まえて、最終提言として政府に提出する予定。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)