So-net無料ブログ作成

増える車をどうする? [ブータン]

是正措置導入にも関わらず、車両は増加
Vehicle number grows despite fiscal and monetary measures
Kuensel、2018年7月21日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/vehicle-number-grows-despite-fiscal-and-monetary-measures/
2018-7-21 Kuensel01.jpg
◇◇◇◇

ブータンを走る車の台数については、これまでも時々話題として取り上げてきたが、長期的なトレンドを知るには良いグラフが記事に挿入されていたので、このグラフを見るだけでも一目瞭然、多言を要しないだろうと思う。僕が初めてブータンを訪れたのは2007年だから、当時は3万5,704台。今は9万6,307台だから、なんと10年間で6万台増えている。均すと年間6,000台となるが、実はそうではない。2013年の経済危機の前後は、そんなに輸入が増えていないが、2014年から2015年にかけて増勢に加速がかかり、5,588台(2014⇒05)、9,107台(2015⇒06)、7,711台(2016⇒07)と増えている。2018年は最初の半年で4,300台増えたから、年間を通じてだと8,000台ぐらいにはいくだろう。

今の政権は、2013年の経済危機をボトムにして、その後の経済成長率の底上げができたというのを売りにしている。でも、その間に車の台数も急増させた。記事によると、財政措置として、課税ポイントを車両の輸入時から国内での車両の販売時に切り替えて納税者に税負担を意識させる政策を取ったり、金融政策として、自動車ローン申請の際にディーラーから車の販売価格の費用構成の情報を提出させたりしているという。これが無秩序な車の増加に歯止めをかけられるのかどうかはよくわからない。特に金融政策の方は、意図している政策目標が車両の台数の抑制ではないように思える。一方で、記事によると、バスなど大量輸送に資する車両の台数はさほど増えていないそうだ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)