So-net無料ブログ作成

今頃再読?『未来国家ブータン』 [ブータン]

未来国家ブータン (集英社文庫)

未来国家ブータン (集英社文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/06/23
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
「雪男がいるんですよ」。現地研究者の言葉で迷わず著者はブータンへ飛んだ。政府公認のもと、生物資源探査と称して未確認生命体の取材をするうちに見えてきたのは、伝統的な知恵や信仰と最先端の環境・人権優先主義がミックスされた未来国家だった。世界でいちばん幸福と言われる国の秘密とは何か。そして目撃情報が多数寄せられる雪男の正体とはいったい―!? 驚きと発見に満ちた辺境記。

この本を単行本の時に読んだのは2013年2月だった。その時のブログ記事を読んでいただければおおよその紹介文にはなっていると思う。「教育は伝統を破壊するよ。確実に。中等以上の教育を受けたら、牛やヤクの世話をしたり、畑を耕したりはしなくなるもの」という引用のくだりは、ブータンに来て2年以上が経つ今読み直しても心に刺さる。今もまさにその方向に進んでいると思うし。地方には仕事がないとよく言われるが、正しくは、学校教育が活かせるような「よい仕事」がないのだと著者は言う。僕に言わせると、「よい」だけではなく「クールな仕事」という要素も重要な気がする(笑)。

さて、初めて読んでから5年以上経過して改めて今回読み直してみたのは、あの、ニムラ・ジェネティック・ソリューションズ(以下、NGS)の仕事はその後どうなったのか知りたかったからだ。本書の読者ならご存知だと思うが、著者の未確認生物(UMA)ハンター高野秀行氏のブータン入りを依頼したのは、NGS代表取締役の二村聡という方で、NGSのHPを見れば、2009年8月17日付で、ブータン農業省と同社が、生物資源探索を共同で実施する契約を締結したとある。5年間の契約だから、既に2014年に終わっている筈である。本書の中では結局著者の雪男探査の旅になってしまっているが、著者は少しはブータンの薬草について調べることができたのか、それが知りたくて、もう一度読み直してみたのである。(当然のことながら、NGSのHPを見ても、その後この契約に基づいてNGSがブータンで何をやったのかは書かれていない。)

続きを読む


nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ: