SSブログ

『承久の乱』 [読書日記]

またしてもここ3日間、SSブログの管理ページにアクセスできなくなりました。記事の新規作成と投稿も、そのせいでできませんでした。毎日ログインを試み、うまくいったタイミングで一気に記事を書くようにしています。

承久の乱 真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

承久の乱 真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

  • 作者: 坂井孝一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/07/12
  • メディア: Kindle版
内容(「BOOK」データベースより)
1219年、鎌倉幕府三代将軍・源実朝が暗殺された。朝廷との協調に努めた実朝の死により公武関係は動揺。二年後、承久の乱が勃発する。朝廷に君臨する後鳥羽上皇が、執権北条義時を討つべく兵を挙げたのだ。だが、義時の嫡男泰時率いる幕府の大軍は京都へ攻め上り、朝廷方の軍勢を圧倒。後鳥羽ら三上皇は流罪となり、六波羅探題が設置された。公武の力関係を劇的に変え、中世社会のあり方を決定づけた大事件を読み解く。
【購入(キンドル)】
なんだか、今年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』、盛り上がってません?Yahoo!ニュースでやたら取り上げられているのは、僕がそういう記事を選んで読んでいるから、AIによるレコメンド機能でも働いているからなのだろうか(笑)。残念ながら、僕はYouTubeのNHKのチャンネルで「だいたい10分でわかる」のシリーズを見て、一時帰国の際に2話だけ見て、でそれだけ。外国に駐在していて、大河ドラマの盛り上がり方について行けてない自分に若干のもどかしさは感じている。そのもどかしさを救ってくれているのが、「コテンラジオ」の新シリーズで鎌倉武士編が始まったことである。NHKの「だいたい10分でわかる」シリーズよりも、じっくり解説してくれていて、ポッドキャストでも聴ける。

大河ドラマはそろそろ実朝暗殺が描かれるタイミングなのだろうか。たまに猛烈に歴史の本を読みたくなる僕の、前回のブームは『鎌倉殿の13人』の放送開始前後だった。その時、坂井孝一『源氏将軍断絶』を読んだが、選んだ理由は「Kindle Unlimitedで読める」というものだった。そして、この本と争ったもう1冊が、同じ著者による『承久の乱』であった。

中公新書って、けっこう歴史上の出来事をテーマで取り上げてくれて、それが話題になることが多い。『応仁の乱』とか『観応の擾乱』とか。そんな流れの中で出てきたのが、2018年発刊のこの本。2022年の大河ドラマでこの時代が扱われるとわかっていたのかどうかは知らないが、仮にわかっていたとしても、世にあまたある「NHK大河ドラマ便乗商法」の類書と比べると本書は格が違う。この時代の歴史研究者が書いた、一流の歴史解説だといえる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『22世紀の民主主義』 [読書日記]

22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる (SB新書)

22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる (SB新書)

  • 作者: 成田 悠輔
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2022/07/05
  • メディア: Kindle版
世の中の根本を疑え―――。断言する。若者が選挙に行って「政治参加」したくらいでは日本は何も変わらない。これは冷笑ではない。もっと大事なことに目を向けようという呼びかけだ。何がもっと大事なのか? 選挙や政治、そして民主主義というゲームのルール自体をどう作り変えるか考えることだ。ゲームのルールを変えること、つまり革命である――。22世紀に向けて、読むと社会の見え方が変わる唯一無二の一冊。
【購入】
一時帰国から任国に出発する前日、「暇な時にでも読もう」と軽い気持ちで近所の本屋さんで購入した1冊。昨年ぐらいから急によく名前と顔写真を目にするようになった成田悠輔さん。日経テレ東大学をYouTubeでたまに視聴させてもらっているし、僕の仕事の界隈でも、「あれ?」っというところに基調講演で登場されていたこともあった。あまり感情を表に出さず、飄々と話される語り口は、ああ僕らが育った「朝まで生討論」の世代とは違う、新しい世代のコメンテーターが出てきたんだな~と感慨深いものを感じた。

そんな成田氏の単著である。図書館で見かけたら借りて読もうと思っていた筆頭書籍だったが、発刊から間もないため、所蔵していないというケースがまだ多かった。今を時めく気鋭の学者の著書だ。販促オビにはすでに「15万部突破!」とある(僕が買った第5刷は初刷からわずか1カ月後の8月14日とあった)。ボリュームもそれほど多くないため、僕が買って任国に持ち込んだとしても、読了後多くの人の目にふれるところに置いておけば、誰かが読んでくれるに違いない―――そう考えて、購入に踏み切った。

映像メディアで見る軽妙な語り口をそのまま文章化したような書きぶりだし、今の選挙制度でいくら若者に「投票に行け」と言っても投票率が上がらない、そもそも選挙による民主主義はもう有効性が失われているという主張は、成田氏の口から度々出てくる発言なので、著者がよく言っていることを、文章にまとめたものなのだというのがわかる。そも著者は民主主義の研究者でもないわけだし、自身の研究領域としての権威付けをしようと意図して書いた本でもなさそうだ。冒頭で要約やキークエスチョンの提示、引用文献リストなど、論文としての最低限のお作法は踏まえつつも、文章のトーンは居酒屋トークとさほど変わりない。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ニューロマンサー』 [読書日記]

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/04/30
  • メディア: Kindle版
内容(「BOOK」データベースより)
ケイスは、コンピュータ・カウボーイ能力を奪われた飢えた狼。だが、その能力を再生させる代償に、ヤバイ仕事をやらないかという話が舞いこんできた。きな臭さをかぎとりながらも、仕事を引き受けたケイスは、テクノロジーとバイオレンスの支配する世界へと否応なく引きずりこまれてゆく。話題のサイバーパンクSF登場!
【M市立図書館】
これも、いずれ読もうと思って「読みたい本」リストに挙げていた作品。2日で読み切った。

この作品がハヤカワSF文庫から出たのは1986年7月。ちょうど僕が三〇堂書店神田本店3階でアルバイトを始める直前だった。今となっては記憶が定かではないが、当時文庫本のSFものといったら『デューン~砂の惑星』シリーズやハインライン『夏への扉』等が平積みされていた。ウィリアム・ギブソン『ニューロマンサー』もその作品名を記憶している文庫本の1冊で、当時はSF文庫に手を出すことなど夢にも思わず、この作品名も「ニュー・ロマンサー(New Romancer)」だと思っていた。当時聴いていた菊池桃子の「BOYのテーマ」で「romancer(特定の言葉を織り込んだ願望を発声することで、その願望を現実化させる能力を持った人間のこと)」という単語だけ頭の中にインプットされていたからだ。

でも、実際は「ニューロ」と「ロマンサー」を合わせた造語neuromancerらしい。神経に働きかけて仮想現実を見せるというような話だろう。映画の『マトリックス』や『攻殻機動隊』を観てから作品を読むと、その世界観が理解しやすいかもしれない。「マトリックス」という電脳空間が実際に舞台となるし、人工知能が自我を持つ聖域の「ザイオン」、人体に埋め込んだジャックにプラグを挿して電脳空間へ移動、凄腕ハッカーの主人公が恋仲になった女戦士を通じて謎の男が率いるチームに参加するというメインキャラ達の相関などは、映画『マトリックス』と共通するらしい。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

『サンセット・サンライズ』 [読書日記]

サンセット・サンライズ

サンセット・サンライズ

  • 作者: 楡周平
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2022/01/25
  • メディア: Kindle版
内容紹介
在宅勤務なら「お試し移住」してみよっかな?
選んだ場所は魅惑の“楽園”だった!
築9年、3LDK、家具家電付き――なのに家賃8万円!?大手電気機器メーカー「シンバル」に勤務する西尾晋作は、海釣りが大好き。コロナ禍でテレワークが当たり前になったことを機に、海に近い田舎に移住を考え始めると、宮城県に家具家電付きの神物件を発見する。家賃の安さに惹かれ、「お試し移住」を始め、夢のような山海の幸に大満足。地域民とのいざこざを経験し、晋作はこの楽園で、ある新事業を思いつく――。
【コミセン図書室】
一時帰国して早々、いつもお世話になっている近所のコミュニティセンターの図書室を訪れた。通い始めてからもう20年近くになるが、未だに利用者カードを使った手作業での管理が行われている。自分が通算で何冊の本を借りたのか、調べることも難しい。

公立図書館がいずれもオンライン化が進んで、利用者への利便性が高まる中で、コミセンの手作り感はいささか時代遅れの感はある。でも、市内に支所がいくつもあるわけではなく、ここ単独での運営である。目的の1つはコミセンの利用者を増やすことにあるのだろうから、この運営体制でも十分なのだろう。

それに、公立図書館だと新刊本は順番待ちになることが多い。それがコミセンなら、運が良ければすぐに借りられる。帰国早々コミセン図書室に立ち寄ったのは、そんな期待感があったからだ。

ただ、残念ながら狙っていた本にはなかなか出会えなかった。読書メーターの「読みたい本」リストに挙げていた本のうち、かろうじてコミセンで見つけられたのはたったの1冊。それだけ借りれば良かったのだが、なんか物足りない。そこで追加したのが楡周平作品。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

『「売れる個人」のつくり方』 [読書日記]

「売れる個人」のつくり方

「売れる個人」のつくり方

  • 作者: 安藤 美冬
  • 出版社/メーカー: Clover出版
  • 発売日: 2021/04/30
  • メディア: Kindle版
内容紹介
本書は、「売れない個人」から「売れる個人」へと変貌を遂げるための実践書です。自身が「売れる個人」としてブレイクスルーを果たしただけでなく、10年間でのべ10万人以上もの「売れる個人」「売れない個人」を見てきた著者だからこそ書ける、あなたが“売れる"ための「マインド」と「戦略」が網羅されています。フリーランスや経営者、独立したい人だけでなく、パラレルキャリアや副業に興味がある人、会社員として力をつけたい人、学生や主婦など、現代を生きるすべての人たちのニーズを叶える一冊です。
【Kindle Unlimited】
時々思うのだけれど、Kindle Unlimitedのセレクションって、どうやって決まっていくのだろうか。ここを入口にしておいて、次に有料ダウンロードをしてもらえるような本へと誘導していくことを狙っているのではないかと思えるのだが、その入口の1冊を誰がどのように決めているのだろうか。

たぶん、本書も、この本を入口にして類書への誘導を狙っている気がするのだけれど、ここまで戦略的に自分の売り方を考え、実践してきた著者が、他にもある自身の著書の中で、「これを最初に読んで欲しい」と差し出したのではないかという気もした。本気で「売ること」「売れること」を突き詰めて行ったら、それくらいのことまでやる必要があるのかもしれない。本書で描かれている自身のキャリア形成プロセスを見ると、本書をKindle Unlimitedの対象にするのも、著者自身の戦略の一部ではないかと思える。

最近、あまりにも仕事に余裕がないため、読書量も落ち、ブログの更新頻度も落ちている。そもそも平日にマイカテゴリー「読書日記」で記事を書くこと自体珍しい。何があったかというと、ふだんなら毎日の日誌を書くのに使っていたミクシィが、昨夜からサイバー攻撃に遭っていてアクセスできなくなったことがある。早朝のルーティンとしていた前日の日誌が書けないため、代わりに先週末読了していた本の紹介をしてしまうことにした。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

『シャーロック・ホームズの冒険』 [読書日記]

内容(「BOOK」データベースより)
ミステリ史上最大にして最高の名探偵シャーロック・ホームズの推理と活躍を、ワトスンが綴るシリーズ第1短編集。ホームズの緻密な計画がひとりの女性によって破られる「ボヘミアの醜聞」、赤毛の男を求める奇妙な団体の意図が鮮やかに解明される「赤毛組合」、閉ざされた部屋での怪死事件に秘められたおそるべき真相「まだらの紐」など、いずれも忘れ難き12の名品を収録する。
【Kindle Unlimited】
仕事の大きなヤマ場が終わったので、先週末は読書に少し時間を充てた。前回ご紹介した『月3万円ビジネス』もそうだが、とにかく今月初旬には読みはじめていた本が、気付けば月末も近くなっているのに読了できていないという状態。さすがにこの状態で月を跨ぎたくはなかったので、読みかけの本はとにかく読んでしまうことにしたのだった。

本作品に収録されているのは次の作品———。

「ボヘミアの醜聞」「赤毛組合」「花婿の正体」「ボスコム谷の惨劇」「五つのオレンジの種」「くちびるのねじれた男」「青い柘榴石」「まだらの紐」「技師の親指」「独身の貴族」「緑柱石の宝冠」「ぶなの木屋敷の怪」

有名なのは「ボヘミアの醜聞」「赤毛組合」「まだらの紐」「技師の親指」「ぶなの木屋敷の怪」あたりかな。最後のは「ぶな屋敷の謎」という作品名で僕は覚えていたけれど。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

『書く習慣』 [読書日記]

書く習慣

書く習慣

  • 作者: いしかわゆき
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2021/08/31
  • メディア: Kindle版
内容紹介
SNS、ブログ、note、世間に発信できるサービスが増え、多くの人が文章で自己表現しています。
他人の発信を目にする機会も増え、「自分もなにか発信してみたいな」と思う人も増えています。
「書く」を仕事にする人も増え、文章の指南書も数多く出版されています。
でも「書く」ことは、好きじゃないとしんどい。
むしろ「好き」になるからこそ、習慣になり、自然と上達していきます。
この本では、あなたの「書きたい気持ち」を高め、「書く」ことを習慣にするためのコツを紹介します。
【Kindle Unlimited】
少し前の読書日記でも述べた通り、7月は「月10冊」のノルマをクリアすることができなかった。しまいに追い込んで9冊にまでは積み上げたのだが、そこまで持って行くのが精一杯だった。

積み上げるにあたって、読みたい本というよりも、読みやすそうな本を選んで読んだ。本書の場合も、販促オビや内容紹介、それにアマゾンや読書メーターに載っていたレビューコメントを読んでみると、内容はだいたい予想はできた。それでも本書を選んだのは、ひとえに読みやすそうだったからだ。

各節の小見出しを見れば内容はだいたい想像がつくし、さらに本文中で何度かの強調文字が挿入されている。そしてさらには各節の最後に2行程度のまとめがつく。かなり親切な構成となっている。内容的に、どこかのウェブメディアで1年ぐらい連載していたのをまとめて本にしたのではないかと想像するが、後の方に来て、その想像が当たっていたこともわかった。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

『神と呼ばれる鉄道YouTuber スーツの素顔 』 [読書日記]

神と呼ばれる鉄道YouTuber スーツの素顔

神と呼ばれる鉄道YouTuber スーツの素顔

  • 作者: スーツ
  • 出版社/メーカー: 三才ブックス
  • 発売日: 2020/10/19
  • メディア: Kindle版
内容紹介
スーツの生い立ちから、YouTubeチャンネルをここまで大きくした経緯や考え方、運営の方法などを紹介。ファンだけでなく、YouTubeチャンネルの運営に興味がある人にも役立つ内容。
【Kindle Unlimited】
スーツさんのYouTubeチャンネルを知ったのは昨年秋のことだ。僕は鉄道マニアではないため、そちらの方面で2016年頃から動画投稿を始められていたスーツさんを知る機会はまったくなかったのだが、逆に酷道だとか峠だとかを撮影した動画は気分転換によく見ていた。ドライブに飢えていたのだ。

それで、大阪・暗峠の急坂の様子を見たくてYouTubeページをザッピングしていたところ、2019年夏にスーツさんが挑戦していた「夏休み日本一周の旅」第40日「暗峠を歩く あまりにも険しい勾配《夏休み日本一周の旅 大阪難波駅→近鉄奈良駅》」がヒットした。さっそく見てみたら、この子(スミマセン、どうやらうちの長男と同学年らしく)、トークが抜群に上手い。あの年齢にして、よくあれだけの蘊蓄が語れるなと思うし、何よりも話題を途切れさせないのがすごい。この旅の動画は撮りだめておいて後から編集したわけではなく、すぐにアップしていた筈だから、編集段階での情報収集にはそれほど時間をかけていないだろう。それでもあのクオリティなのだから、驚きが隠せない。

そして、暗峠編を視聴した後、さらに旅の終盤で北海道に再上陸して、苫小牧から襟裳岬、帯広、根室、釧路、網走あたりのルートは、僕が学生時代に北海道一人旅した際、通ったルートを逆走するパターンになっており、ここは懐かしくてスーツさんの全ての動画を見た。後付けだったので、視聴者数によって翌日の所持金の上限を決めるという彼のルールには貢献することはできなかったけれど、チャンネル登録はしたので、彼の収益には微力だけれど貢献はしていると思う。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

『仏教抹殺』 [読書日記]

仏教抹殺 なぜ明治維新は寺院を破壊したのか (文春新書)

仏教抹殺 なぜ明治維新は寺院を破壊したのか (文春新書)

  • 作者: 鵜飼 秀徳
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/12/20
  • メディア: Kindle版
内容紹介
明治150年でも語られない闇の部分、それが廃仏毀釈だ。実は、興福寺阿修羅像、五重塔も消滅の危機にあったのだ。神社と寺院を分離する政策が、なぜ史上稀な宗教攻撃、文化財破壊にエスカレートしたのか? 鹿児島、松本、伊勢、東京、奈良、京都など日本各地に足を運び、埋もれた歴史を掘り起こす近代史ルポルタージュ。
【Kindle Unlimited】
たびたびブログでも懸念を表明してきたが、7月は序盤から中盤にかけての読書のペースが極端に悪く、最低ノルマと考えていた「月10冊」がクリアできないとの危機感にかられて後半を過ごした。読書のペースを緩めたからといって誰かに迷惑をかけるわけではないが、読書は長年やってきた自分のアイデンティティみたいなものだから、それに割く時間が十分取れないというのは僕自身の心の安寧を相当かき乱す。

今、この記事を書いている7月31日時点で、なんとか持ち直して9冊までは届きそうなところまで挽回はした。しかし、個人的に感じている読書のペースはやはり遅く、読み進めるのに相当なエネルギーを使った。これもたびたび書いていることだけれど、僕は自分の読書のペースが遅いという自覚がある場合、あえて小説を選んでペースアップを図ろうと心掛ける。そういう目的もあって7月20日頃には経済小説も含めたのだが、その後これといって読みたい小説も思いつかず、Kindle Unlimitedのラインナップを見て、多少興味はあるけれどもカネを出しては買わないだろう本を選んで読むことも始めた。

本日ご紹介する文春新書の1冊も、そうして選ばれたものだ。そして、著者には申し訳ないが、自分が訪れたこともないような土地での廃仏毀釈の盛り上がりと収束の経緯については、斜め読みした。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

『スクール・ウォーズ』 [読書日記]

スクール・ウォーズ―落ちこぼれ軍団の奇跡 (光文社文庫 は 4-1)

スクール・ウォーズ―落ちこぼれ軍団の奇跡 (光文社文庫 は 4-1)

  • 作者: 馬場 信浩
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 1985/12/01
  • メディア: 文庫
内容紹介
「落ちこぼれ」と呼ばれ、「ツッパリ」と疎んじられていた生徒たちが、高校ラグビーで日本一になった! 監督のひたむきな情熱と手腕が、荒涼した学園の若者たちに目的を与え、計りしれないエネルギーを引き出した。――これは、教科書だけでは解決できない教育の原点を、スポーツを通して問い直した、注目のドキュメントである。(『落ちこぼれ軍団の奇跡』改題)
【購入(キンドル)】
直近の週末読書の2冊目。なんだかちょっと気合の入る刺激物が欲しいなと思ってYouTubeでテレビドラマ『スクール・ウォーズ』の動画を先々週ぐらいからちょこちょこ見ていた。それで『落ちこぼれ軍団の奇跡』って今読めるのかなとふと思ってアマゾンで調べてみた。そこで文庫化された本作品の電子書籍版があることを知り、すぐにダウンロードして一気に読んだ。

そうして比較ができたので、原作とドラマとどこが違うのか大まかには理解することはできた。誰がそれを言ったのかは微妙に違うところもあったが、意外と実際にあった出来事をドラマではうまく活用していたのだなというのがわかった。原作の方に戻ると、学校の荒廃ぶりは確かに序盤で描かれているが、ラグビー部の起こした上昇カーブと学校自体の荒廃からの立ち直りが、うまくシンクロしていないような気もした。後者の方への言及はあまりない。チームの強化という観点からは面白いが、学校改革という観点では物足りなさは感じた。この点はドラマでも感じた物足りなさではあるが。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ: