SSブログ

『「インクルーシブデザイン」という発想』再読 [仕事の小ネタ]

「インクルーシブデザイン」という発想 排除しないプロセスのデザイン

「インクルーシブデザイン」という発想 排除しないプロセスのデザイン

  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2014/06/26
  • メディア: 単行本

【MT市立図書館】
2022年10月に一度読んでブログでもご紹介もしている本なのだが、少しまとめてインクルーシブデザインを扱った書籍を読みたいと思い立ち、手はじめに市立図書館で借りて読むことにした。

前回「ハードカバーでも電子書籍でもいいので原書でも1冊手元に置きたい」と感想で述べているのだが、読み直してみて改めて同じ感想を抱いた。中古でもかなり高価で、そんなに簡単に手に入る本ではないので、迷った時にまた図書館で借りて読むしかない。

前回(2022年10月)と今回とでは、自助具のデザインというところでの自分の経験値がちょっと上がっており、またデザイナーと医療従事者(介護従事者も含めて)との間での緊張関係というのも目の当たりにした。1年数カ月の間に起こったこと、見てきたこと、そして実践したことが、本書を読み返す時にも新たな視点を用意してくれていて、読みながら腑に落ちるところが多かっただけでなく、前回読んで響いたところとは違う箇所の記述に共感を覚えたというのも多かった。

面白いことに、前回のブログでの紹介記事でも何カ所かの引用をそのまま掲載していたのだが、今回の再読で付箋を付けた箇所が、1ヵ所を除いてことごとく前回と重複していなかった。前回の記事でもしかなり本文に踏み込んで紹介している場合は、再読時の紹介記事ではそれほど詳しく記事を書いたりしないことが多いのだが、本書のついては勝手がちょっと異なる。今回自分が共感を覚えた箇所を改めてご紹介していきたい。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)