So-net無料ブログ作成

『チーム・バチスタの栄光』(上・下) [海堂尊]

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2007/11/10
  • メディア: 文庫
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2007/11/10
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチスタ”として、成功率100%を誇り、その勇名を轟かせている。ところが、3例立て続けに術中死が発生。原因不明の術中死と、メディアの注目を集める手術が重なる事態に危機感を抱いた病院長・高階は、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口公平に内部調査を依頼しようと動いていた。壊滅寸前の大学病院の現状。医療現場の危機的状況。そしてチーム・バチスタ・メンバーの相克と因縁。医療過誤か、殺人か。遺体は何を語るのか…。栄光のチーム・バチスタの裏側に隠されたもう一つの顔とは。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。
今日9月28日は「世界ハートの日(World Heart Day)」
――ということでそれにちなんで本日紹介する本は海堂尊処女作にして当ブログで紹介する海堂作品第2弾、『チーム・バチスタの栄光』である。先週紹介した『ひかりの剣』が最新刊であるのに対して、『チーム・バチスタ…』は処女作である。『ひかりの剣』を読んだ後、「海堂尊にハマりそう」とブログに書いたが、偶然だか意図的だかどちらかわからないが、職場で席を並べている同僚から「こんなの読まれますか?」と言って見せられたのがこの上下巻の文庫版。当然お借りすることにした。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ひかりの剣』 [海堂尊]

ひかりの剣

ひかりの剣

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/08/07
  • メディア: 単行本
内容紹介
『チームバチスタの栄光』の舞台でおなじみの東城大と帝華大。『ジェネラル・ルージュの凱旋』の天才外科医・速水晃一は「東城大の虎」とよばれた剣道部主将だった。かたや、「帝華大の伏龍」とよばれた清川。二人のあいだには、医鷲旗(東日本医科学生体育大会の剣道部の優勝旗)をめぐる伝説の闘いがあった。
海堂尊にハマってしまいそう―――。

最近、書店の店頭には剣道を題材にした本がよく並ぶようになったのは僕にとっては嬉しい傾向といえるが、さすがに女子高校生の剣道部員の話は読むのに抵抗もあったので、学生剣道の小説を買ってインドに持って帰ることにした。今日(20日)は日本人会夏祭りが開かれたのだが、前日から胸の痛みに悩まされていた僕は、胸の痛みは若干治まってはいたけれども念のため自宅で静養していた。末っ子との留守番であった。その間に319頁の長編小説を読み切った。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ: