SSブログ

『現代メキシコを知るための70章』 [仕事の小ネタ]

現代メキシコを知るための70章【第2版】 (エリア・スタディーズ 91)

現代メキシコを知るための70章【第2版】 (エリア・スタディーズ 91)

  • 出版社/メーカー: 明石書店
  • 発売日: 2019/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
マヤやアステカという文明の故地であり、メキシコ料理を含む有形無形の豊富な世界遺産をもつメキシコは、「先進国」の1つの指標であるOECDの加盟国にして、日本の4大自動車メーカーがこぞって生産拠点を置くなど、対日ビジネスも極めて隆盛、交流の歴史も長い。明治日本が初めて両者平等の条約を結んだ相手はメキシコだった。一方で、今世紀に入ってどんどん深刻化する格差社会、悪名高い劣悪な治安に汚職の常態化、貿易(輸出)や移民における重度の対米依存、それに対するトランプ米大統領の強硬姿勢といった、先の見えない問題も山積……。心配するのはまだ早いかもしれないが、出生率の低下傾向もみられ始めているという。それでも、大多数のメキシコ国民は幸せを感じて暮らしているって、ほんとう!2018年9月、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉妥結。同年12月、中道左派ロペスオブラドール大統領が就任。世界が注目する現代メキシコの姿を、2010年代を中心に多面的に紹介する。
【M市立図書館】
以前書いたが、明石書店のこのシリーズは、その国に長期滞在する渡航者の需要が根強く、それなりに長く売れる本になっている。また、基本的に共同執筆は認められてないとも聞く。同じ文字数であっても、人が違えば文章のスタイルも違う。10人以上の人が原稿を書けば、統一感を持たせるのは大変だし、記述が重複してしまうことだってある。そういった諸々の編集側の負担を考えれば、共同執筆は編集者泣かせと言えるのかもしれない。

だから、共同執筆になっている本書を見て、「おや?」と思った。共同執筆もありなのだ。メキシコぐらい大きな国を取り上げるなら、1人ですべてのテーマをくまなく書けるわけではないだろう。だからメキシコが共同執筆ならわかなくもない。でも、この編著者の国本伊代さんって、中米の他の国のエリアスタディーズでも編著者を務めておられる(パナマ、コスタリカ、ドミニカ共和国等)。これはどう理解したらいいのだろうか?きっと編著者は名誉職のようなもので、実質的に各編を仕切った実務ブレーンがいたのだろう。編著者の名前を見て購入判断をする人もいるんだろうし。

それで、今までの僕の読書歴からいって縁もゆかりもなかった「メキシコ」をなぜ取り上げたかというと、今月下旬にメキシコに行くからである。前半1週間はチアパス州で過ごし、後半5日ほどはプエブラで過ごす。メキシコ市や北部の米国との国境地帯には行かない。

そうすると、本書の中でも、米国への移民流入や日墨関係、経済、貿易投資、政治の話などは僕にとっては優先度は低く、なかなか情報が少ない南東部のチアパス州に関する記述を探しては拾い読みする形でページをめくっていった。

そういうニーズは僕だけではないと思うので、このシリーズでは、索引があると本当は便利なのだが…。本書に不満があるとしたら、索引がないことを筆頭に挙げたくなる。

だから、断片的な記述にならざるを得ないけれど、チアパスについて少しわかったことといえば…

①最貧困州であるばかりか、州内の貧富格差が最も大きい州の1つである。

②世界遺産登録されているマヤ文明の遺跡「パレンケ」が有名。

③日本人の中南米移住の先駆けとなった「榎本武揚メキシコ殖民団」が1897年5月に最初に入植したのがチアパス州ソコヌスコ郡エスクィントラだった。

加えて、メキシコ横断的な話題の中でも自分自身の同国に対するステレオタイプイメージの払拭やら気付きを促された情報がいくつかあった。

④女性の社会進出が活発。そういえば、6月の大統領選で、当選を果たしたクラウディア・シェインバウム氏も女性だし、本書では頻繁に取り上げられている。そもそも大統領選に出馬できるまでに至った彼女の前職はメキシコ市長で、2010年代に既に首都の首長が女性になっていたという点でも、この変化はもう20年近い歴史的経緯があったのではないかと思われる。

⑤長岡科学技術大学との関係。長岡科技大でメキシコ人留学生を受け入れておられる可能性があると知り、チアパス情報を生で仕入れられないかと調べてみたけれど、短期受入れが中心のようだし、この情報を入手した直前に長岡でのホームスティ受入れが終了していたようなので、もう帰国の途についておられる可能背がある。これ以上の深追いはちょっと難しいかもしれないが、メキシコと長岡との接点がここにあったかというのを知るいいきっかけになった読書だった。

最後に、僕がメキシコに抱いていた勝手なイメージは「ドラッグと犯罪」で、そういうのを示すシーンが1980年代~2000年代の米国映画で何度か描かれ、なんだか無法地帯だなと感じたのだが、そのステレオタイプは是正どころか本書を読んでさらに強化された。メキシコ駐在経験のある知人も、「犯罪が増えているそうだから気を付けて」と忠告された。

気を付けます。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント