SSブログ
2024年06月| 2024年07月 |- ブログトップ

『坂道の向こう』 [読書日記]

坂道の向こう (講談社文庫)

坂道の向こう (講談社文庫)

  • 作者: 椰月美智子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/05/17
  • メディア: Kindle版
内容紹介
城下町、小田原。介護施設の同僚だった朝子と正人、梓と卓也は恋人同士。けれど以前はお互いの相手と付き合っていた。新しい恋にとまどい、別れの傷跡に心疼かせ、過去の罪に苦しみながらも、少しずつ前を向いて歩き始める二組の恋人たちを季節の移ろいと共にみずみずしく描く。
【N市立図書館】
先週末、市立図書館で予約していた本を数冊借りる際、「チョイ足し」で借りた小説である。椰月美智子作品は初めてではないし、閉館時間まで残り5分といったところだったので、あまり物色もせず、パッと目に付いた作家ということで選んだ。

過去読んだ椰月作品と同様、今回も舞台は小田原。各編ごとに主人公が異なる連作短編である。たぶん、時系列的には並んでいる作品なのだろうが、話がちゃんと進んでいるという実感のようなものがあまり感じられない形で、登場人物の心の葛藤が描かれる。そこがあまり直線的じゃなくて、一歩進んで一歩下がる、それでもって結局話が進んだのかどうかがわからないという展開が多い。

僕らの日常なんてそんなものかなと思いつつも、ちょっとじれったいし、なんなら恋人たちの関係の展開の仕方に戸惑いも覚えたりする。僕らの20代って、そんなに一進一退があったんだっけ?

ああ、あった。僕の場合はこの作品の登場人物たちよりも彼女と付き合っている期間がずっと短かったが、なんで相手がこういう行動をとるのか、そういうことを言うのか、その当時はわからないことだらけだった。なんで別れることになっちゃったんだろうとか…。

今、うちの子どもたちが本作品の登場人物たちと同じ年齢を生きていて、皆誰かと付き合っていたりもしているが、登場人物たちと同じような一進一退を繰り返していて、なかなか「結婚」という言葉にはたどり着かない、親からすれば「じれったい」と感じる毎日を送っている。20代ってそういうことなんだろうな―――過去の自分の経験、現在を生きている20代の我が子たちを見て、それで本作品を読むと、合点がいくことが多いかも。


続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

『テスカトリポカ』 [読書日記]

テスカトリポカ (角川文庫)

テスカトリポカ (角川文庫)

  • 作者: 佐藤 究
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2024/06/13
  • メディア: Kindle版
内容紹介
第165回直木賞受賞!心臓を鷲掴みにされ、魂ごと持っていかれる究極のクライムノベル!メキシコで麻薬密売組織の抗争があり、組織を牛耳るカサソラ四兄弟のうち三人は殺された。生き残った三男のバルミロは、追手から逃れて海を渡りインドネシアのジャカルタに潜伏、その地の裏社会で麻薬により身を持ち崩した日本人医師・末永と出会う。バルミロと末永は日本に渡り、川崎でならず者たちを集めて「心臓密売」ビジネスを立ち上げる。一方、麻薬組織から逃れて日本にやってきたメキシコ人の母と日本人の父の間に生まれた少年コシモは公的な教育をほとんど受けないまま育ち、重大事件を起こして少年院へと送られる。やがて、アステカの神々に導かれるように、バルミロとコシモは邂逅する。
【購入】
仕事帰り、何か別の作業を集中して行いたいとき、僕は蔦屋書店に併設されたタリーズに行き、2時間近くを作業に費やすことがある。こちらに引っ越してきて2カ月少々、週1、2回は行っている僕の習慣である。

そうすると、蔦屋書店の方に陳列されている棚に目をやることもしばしば。それほど頻繁には買ったりはしないが、ちょっと気になる文庫本は、手に取ったりしている。買って読み終わったら、シェアハウスの同居人に読んでもらってもいいし、あまり同居人が読まないなら、退居する時に売ってもいい。

本作品を手に取ったのは、序盤の舞台がメキシコだったからである。但し、北部メキシコだが。それに、インドネシアにも多少の土地勘があったし。

しかし、読みながら、本当にメキシコに2週間も行って、自分は無事返って来られるのだろうかと不安になった。700頁近い大作を読み切った今、達成感よりも、不安感の方がはるかに大きい。

メキシコに関しては、治安が悪いからくれぐれも気を付けろと何人かの方から言われている。治安が悪いという前提でこの作品も読んだが、メキシコで暮らしている人々って全員が全員、このような麻薬密売組織の支配下で生きているのだろうか―――それが一部の例外ではなく、善良な市民の方が例外なのではないかと思えてきて、気持ちが重くなった。

加えて、わが国も…。知らず知らずのうちに、こんな無法地帯が形成されているのか、覚醒剤や臓器ビジネスが僕たちの日常生活にひたひたと近づいてきている気がして、これまた不安な気持ちが増幅された。

ふだんあまり接したことがない信仰なので、読み進めるにはエネルギーが要った。ピースがつながっていくまでの登場人物の拡散から、点と点が線でつながっていく展開に至っても、それは闇がどんどん広がっていく過程で、ワクワクというよりモヤモヤ感がどんどん広がっていくような感覚だった。ページをめくるのにもエネルギーが必要だった。

ラスト100頁ほどのところまできて、ようやく結末に向けた展開が始まった。ホッとした。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

『現代メキシコを知るための70章』 [仕事の小ネタ]

現代メキシコを知るための70章【第2版】 (エリア・スタディーズ 91)

現代メキシコを知るための70章【第2版】 (エリア・スタディーズ 91)

  • 出版社/メーカー: 明石書店
  • 発売日: 2019/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
マヤやアステカという文明の故地であり、メキシコ料理を含む有形無形の豊富な世界遺産をもつメキシコは、「先進国」の1つの指標であるOECDの加盟国にして、日本の4大自動車メーカーがこぞって生産拠点を置くなど、対日ビジネスも極めて隆盛、交流の歴史も長い。明治日本が初めて両者平等の条約を結んだ相手はメキシコだった。一方で、今世紀に入ってどんどん深刻化する格差社会、悪名高い劣悪な治安に汚職の常態化、貿易(輸出)や移民における重度の対米依存、それに対するトランプ米大統領の強硬姿勢といった、先の見えない問題も山積……。心配するのはまだ早いかもしれないが、出生率の低下傾向もみられ始めているという。それでも、大多数のメキシコ国民は幸せを感じて暮らしているって、ほんとう!2018年9月、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉妥結。同年12月、中道左派ロペスオブラドール大統領が就任。世界が注目する現代メキシコの姿を、2010年代を中心に多面的に紹介する。
【M市立図書館】
以前書いたが、明石書店のこのシリーズは、その国に長期滞在する渡航者の需要が根強く、それなりに長く売れる本になっている。また、基本的に共同執筆は認められてないとも聞く。同じ文字数であっても、人が違えば文章のスタイルも違う。10人以上の人が原稿を書けば、統一感を持たせるのは大変だし、記述が重複してしまうことだってある。そういった諸々の編集側の負担を考えれば、共同執筆は編集者泣かせと言えるのかもしれない。

だから、共同執筆になっている本書を見て、「おや?」と思った。共同執筆もありなのだ。メキシコぐらい大きな国を取り上げるなら、1人ですべてのテーマをくまなく書けるわけではないだろう。だからメキシコが共同執筆ならわかなくもない。でも、この編著者の国本伊代さんって、中米の他の国のエリアスタディーズでも編著者を務めておられる(パナマ、コスタリカ、ドミニカ共和国等)。これはどう理解したらいいのだろうか?きっと編著者は名誉職のようなもので、実質的に各編を仕切った実務ブレーンがいたのだろう。編著者の名前を見て購入判断をする人もいるんだろうし。

それで、今までの僕の読書歴からいって縁もゆかりもなかった「メキシコ」をなぜ取り上げたかというと、今月下旬にメキシコに行くからである。前半1週間はチアパス州で過ごし、後半5日ほどはプエブラで過ごす。メキシコ市や北部の米国との国境地帯には行かない。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

『あしたの君へ』 [読書日記]

あしたの君へ (文春文庫 ゆ 13-1)

あしたの君へ (文春文庫 ゆ 13-1)

  • 作者: 柚月 裕子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/11/07
  • メディア: 文庫
内容紹介
裁判所職員採用試験に合格し、家裁調査官に採用された望月大地。だが、採用されてから任官するまでの二年間――養成課程研修のあいだ、修習生は家庭調査官補・通称“カンポちゃん”と呼ばれる。試験に合格した二人の同期とともに、九州の県庁所在地にある福森家裁に配属された大地は、当初は関係書類の記載や整理を主に行っていたが、今回、はじめて実際の少年事件を扱うことになっていた。窃盗を犯した少女。ストーカー事案で逮捕された高校生。一見幸せそうに見えた夫婦。親権を争う父と母のどちらに着いていっていいのかわからない少年。心を開かない相談者たちを相手に、彼は真実に辿り着き、手を差し伸べることができるのか――。彼らの未来のため、悩み、成長する「カンポちゃん」の物語。
【N市立図書館】
過去に柚月裕子の作品は読んだような記憶があるのだが、どの本かは思い出せなかった。初めての作家ではないと思っていたのと、図書館所蔵の単行本の装丁がちょっと良かったので、借りてみることにした。また、最近NHKの朝ドラ「虎に翼」の舞台となっている家庭裁判所の日常のお話なので、朝ドラの世界を知る意味でもいい作品かなと思う。

朝ドラでも取り上げられていたが、元々家庭裁判所は少年審判所と家事審判所が統合されてできた。家事事件と少年問題は地続きだと言われていて、ドラマでもそんなケースが紹介されている。先々週は戦争孤児の問題、先週は遺産相続の問題が中心テーマとして取り上げられていた。これを見ながら、少年問題と家事事件をいずれも取り上げるのが家裁だというのは理解できるようになった。

本作品は5つの短編から成るが、前半の2編は主に少年犯罪で、中1編の後半ぐらいからそれ以降は、離婚調停とその背景にある各々の家庭の事情が取り上げられる。家裁調査官として採用されたばかりの調査官補を主人公に、家裁の中でも少年事件担当から家事事件担当への配置換えも行われる。そうした中で遭遇する様々な事案が描かれる。

これ読んでいると、家裁調査官が事件の背景をよりよく知るために外を歩き回る姿がよく描かれている。本作品を今読むと、朝ドラの世界もよりよく理解できるようになれるだろう。いいタイミングでいい作品に出会うことができた。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

2024年06月|2024年07月 |- ブログトップ