SSブログ

『ほんとうの定年後』 [読書日記]

ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う (講談社現代新書)

ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う (講談社現代新書)

  • 作者: 坂本貴志
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2022/08/17
  • メディア: Kindle版
内容紹介
年収は300万円以下、本当に稼ぐべきは月10万円、50代で仕事の意義を見失う、60代管理職はごく少数、70代男性の就業率は45%、80代就業者の約9割が自宅近くで働く……全会社員必読! 知られざる定年後の「仕事の実態」とは? 漠然とした不安を乗り越え、豊かで自由に生きるにはどうすればいいのか。豊富なデータと事例から見えてきたのは、「小さな仕事」に従事する人が増え、多くの人が仕事に満足しているという「幸せな定年後の生活」だった。日本社会を救うのは、「小さな仕事」だ!
【購入(キンドル)】
少し前にご紹介した『そば学大全』を読んでいた際、文庫や新書の新刊書によくある、出版社の当該月の新刊紹介のスリップの、2022年9月版にあった中で、ちょっと気になり、講談社現代新書の新刊という気軽さで、キンドルでダウンロードしたものである。サブタイトルの、「小さな仕事」に惹かれたもので。

いろいろ書かれているけれど、簡単に言ってしまえばこの「小さな仕事」というのがキーワードで、本書のメッセージが集約されていると思う。まえがきで著者は先取りして本書の結論を述べてしまっている。

 定年後の仕事の実態を丹念に調べていくと浮かび上がってくるのは、定年後の「小さな仕事」を通じて豊かな暮らしを手に入れている人々の姿である。さらに明らかになるのは、このような定年後の「小さな仕事」が必要不可欠なものとして人々の日々の暮らしの中に埋め込まれており、かつそれが実際に日本経済を支えているという事実である。(p.7)

事例を通じて、多くの人が現役時代から定年後のキャリアに向けた移行期に悩む経験をすることがわかってくる。そして、その転機に向き合うことで、競争に勝ち残り、高額の報酬を得ることだけがキャリアの目的ではないことに、人は気づいている。(p.8)

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『デザインと障害が出会うとき』 [仕事の小ネタ]

デザインと障害が出会うとき (Make: Japan Books)

デザインと障害が出会うとき (Make: Japan Books)

  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2022/03/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

内容紹介
本書は、長年にわたって障害者向けのプロダクトの開発・教育に携わってきた著者による「障害に向き合うデザイン」のための書籍です。ファッション性と目立たないこと、問題解決的アプローチとオープンエンドな探求など、一見対立するように見える要素の健全な緊張関係から生まれる新しいデザインの可能性を考えます。プロダクト、ファッション、インタラクション、グラフィック分野のさまざまな事例も紹介。障害に配慮したデザインに取り組んでいる方、デザインやエンジニアリングを学んでいて取り組む分野を探している方、異なる分野や背景を持つ人々と協働するためのヒントを探している方におすすめです。
【購入】
本書に関しては、ちょっと不思議な動き方をした。発刊されてからわりとすぐに、家族に送ってもらって現地で受け取った。9月に一時帰国する際、行きの機中と本邦滞在中に読んでしまおうと考え、同時携行した。読み終わればそのまま、東京の自宅に置いて行くつもりだった。ところが、本邦滞在中にあまりにも多くの本を図書館で借り過ぎ、それを読み進めるのに空き時間のほとんどを費やした。それで結局、またブータンに持ってくるという事態になった。

ブータンへの帰りのフライトの機中で、前半の200頁までは読み進めた。ところが帰って来てからが思いのほか忙しく、ゆっくり読んでいる暇がなかった。さすがにこの状況をダラダラ長引かせるのもマズいと考え、多忙を極めたプロジェクトの一大イベントが終わった週末、読込みを再開し、3日ほどで読み切った。

それでもブログで紹介記事を書く自信がなかった。局所的に見られる著者の論点は理解できるのだが、全体を通して何を言いたいのかがよくわからない。ある箇所で論じられているポイントが、他のところでは反対意見が論じられているように感じられるケースもあったのである。

例えば、内容紹介のところでも触れられている「ファッション性」と「目立たないこと」なんてその典型だ。ファッション性って目立たせることだと思うが、目立たせることでいたずらにその障害をクローズアップしてしまうことだってあるかもしれない。利用者本人がその障害をどのように捉えているのかによっては、あえて目立たせることだって、あるいは目立たなくさせるのだって、正解となり得る。おそらく、当事者を巻き込んでのデザイン共創をしないと、本当にその当事者が満足できるプロダクトは作ることができないのではないか。そして、そういう両方のシナリオがある中で、デザイナーやクリエーターと障害者が、緊張関係を持ちながらデザイン共創に取り組んでいくべきだというのが、著者が言いたいことだったのかもしれない。


続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

廃棄物が生み出すローカルビジネス [ブータン]


wastepreneurという言葉があるらしい。廃棄物をビジネスにする企業家というような意味だろう。

10月31日付クエンセルで、チラン県メンチュナ村で、スクラップ業を始めた大卒企業家のビジネスモデルが紹介されていた。近くの処分場に作業員を送り、PETボトル、段ボール、プラスチックを回収、併せて自社へのリサイクルごみの持ち込みを有料で受け付け、これらをまとめてリサイクル業者に売るという仕組みらしい。

チランの話とはいえ、おそらくどこに行っても有望なローカルビジネスだろう。そして、大卒がやるような仕事じゃないという親の反対とか。それに、再利用の価値があるのが「PETボトル」「段ボール」「プラスチック」というのもそうだ。あれ?「アルミ缶」とかどうなんだろうか?

この企業家はリサイクルごみの利用は別のリサイクル業者に売る形で対応している。ゲレフにそういう業者があるようだけれど、ひょっとしたらインドに出て行っているのかもしれない。

先月、うちのカレッジでものづくり共創デザインマラソン「メイカソン」というのが行われた。メイカソンの模様はJICAのプロジェクトのニュースでも紹介されている。8チームがプレゼンした試作品の中にも廃棄物問題に取り組んだものが2点あったが、そのうちの1つ「空き缶圧縮機」はわりとすぐにどこででも作れそうなデザインだった。

IMG_20221022_145318.jpg

アルミ缶もリサイクル業者への引渡しの対象になっていれば、こういう簡易圧縮機のニーズもあるのだが、そうでなくてもそもそもアルミは再利用価値があるのではないでしょうか。こういうアルミ缶の圧縮ができたら、アルミ鋳造してインゴットとかちょっとした置物とか、アクセサリーとか作れたりするのではないか。そういうケースも示していかないとなと、個人的には思った記事だった。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『そば学大全』 [仕事の小ネタ]

そば学大全 日本と世界のソバ食文化 (講談社学術文庫)

そば学大全 日本と世界のソバ食文化 (講談社学術文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2022/08/10
  • メディア: Kindle版
内容紹介
日本が誇る伝統食にして健康食、そば。しかし、植物であると同時に作物でもあるソバの文化は、日本だけのものではない。ソバの本場・信州で研究を積んだ農学者が、世界のソバ食文化を探訪して日本のそばの魅力を再発見する。さらにその栄養と味覚、健康食品としての機能や、品種改良についても解説。江戸の農書に表れる「ソバめくそ」「めくそ飯」とは何か? 「普通種」よりも収量が多くて安定しているダッタンソバ、ニガソバは、なぜ日本で栽培されなかったのか? なぜ「手打ちそば」が上等なのか? 朝鮮半島のシミョン、カルクッス、中国の「猫の耳たぶ」マオアルドウ、ネパールのソバの腸詰、ウクライナのソバカーシャ、スロベニアのソバ団子、フランスのガレットに、イタリアのポレンタ・・・各地のソバ食レシピをみれば、日本の「そば切り」を本流とする麺食ばかりがソバではない。縄文時代から親しまれる、ソバをもっと楽しむ本。〔原本:平凡社、2002年刊〕
【購入】
これは、一時帰国中に買った本。Facebookの講談社学術文庫の広告ページで発売になっているのに気付き、東京を発つ前日に書店で探し、内容確認の上で買って持ってきた。文庫サイズだし、読了すればティンプーで麺が食べられるお店の棚にでも置いておいてもらえれば、麺を注文して待っている間に、少なくともブータンのそばに関する記述の部分ぐらいは読んでしまえるだろう。

そう、著者である信州大学の故・俣野敏子先生は、ブータンに来られているのである。ただ、俣野先生は2020年にお亡くなりになっており、よって本書は20年前に平凡社から出された著書の復刻版である。そして、巻末解説を今回寄稿されている信州大学の松島憲一先生も、どうやらブータンをフィールドとされているらしく、解説の中でも何度かブータンには来られているとの記述がある。

そんなブータンゆかりの本だということもあって、しかも「大全」なんて仰々しく銘打っている本だからこそ、せめてブータン在住の邦人コミュニティの中で、こういう本は回し読みしてもらえたら嬉しい。ということで、読了後は皆さまの手の届くところに置かせてもらえるよう手配しますね。

これがネパール・カトマンズなら、ホテル・サンセットビューの棚にでも入れさせてもらえるのだろうが。読んでいたら、サンセットビューのそばのフルコースを思い出した。もう20年以上前のことだが、戸隠で修業してきたネパール人が、サンセットビューでそば料理のお店を出していた。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

『作って覚えるSOLIDWORKSの一番わかりやすい本』 [仕事の小ネタ]

作って覚える SOLIDWORKSの一番わかりやすい本

作って覚える SOLIDWORKSの一番わかりやすい本

  • 作者: 田中 正史
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2018/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
手を動かしながらSOLIDWORKSの基本が身につく! 3DCADソフト「SOLIDWORKS」の操作解説書です。本書は、SOLIDWORKS 2018/2017に対応、作例としてROBOT ARMを実際に作りながら、基本操作からスケッチやフィーチャの作成、アセンブリ、図面化までSOLIDWORKSの操作方法をやさしく解説します。SOLIDWORKSの操作を確実に身に付けたい方にオススメです。
【購入】
「購入」———とはいっても、2020年春頃には購入して、2年以上にもわたって積読にしていた解説書である。すでに改訂2版が昨年発売になっているのでご注意下さい。

2019年当時SOLIDWORKSを勉強しようと思った理由は、この3D CADソフトを開発しているダッソー社が、2017年7月に開所したファブラボ・ブータンをはじめ、CADソフトを使いそうなCSTに、SOLIDWORKSの売り込みをかけていたからである。その当時知り合いになったダッソー社の方から紹介されて日本支社の方を紹介してもらい、そこでお試しにスチューデントエディションの1年間の無料サブスクのライセンスをいただいた。

当時、僕はどうにも気持ちが乗らない仕事を振られて来ていて、精神的にはかなり滅入っていた頃だった。気分転換も兼ねて、早朝少しずつだが操作を独習した。当時作例で使用していたのは、近所の市立図書館で借りた㈱アドライズ編著『よくわかる3次元CADシステムSOLIDWORKS入門―2014/2015/2016対応―』(日本工業新聞社)であった。貸出期間は延長込みでも4週間である。4週間の短期決戦で、全作例をクリアしようと取り組んだ。

しかし、70頁付近で挫折した。読了してないからブログでは紹介してないが、当時の読書メーターの感想にはこう書いている。「なんとか70頁付近までは行ったが、ギブアップ。なんか、所々説明が端折られていて、独習していてスタックすることが多くて困った。図書館で借りて4週間で覚えようと思った自分も良くない。」

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『そして誰もゆとらなくなった』 [朝井リョウ]

そして誰もゆとらなくなった (文春e-book)

そして誰もゆとらなくなった (文春e-book)

  • 作者: 朝井 リョウ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2022/08/08
  • メディア: Kindle版
内容紹介
『時をかけるゆとり』『風と共にゆとりぬ』に続く第三弾にして完結編。怒涛の500枚書き下ろし!頭空っぽで楽しめる本の決定版!修羅!腹痛との戦い/戦慄!催眠術体験/迷惑!十年ぶりのダンスレッスン/他力本願!引っ越しあれこれ/生活習慣病!スイーツ狂の日々/帰れ!北米&南米への旅etc…… 一生懸命生きていたら生まれてしまったエピソード全20編を収録。楽しいだけの読書をしたいあなたに贈る一冊です。
【購入(キンドル)】
「岐阜県推し」と申しつつ、最近、朝井リョウの作品読んでないことに気付いた。

『正欲』とか『死にがいを求めて生きてるの』とか、この間にリリースされてた著書もあったのだけれど、タイトルだけ見てあまり買う気が起こらず、なんとなく敬遠して現在に至っている。

デビューしてからもう13年も経つのか。デビュー当時は早稲田の学生だったから、今やリョウ君も30代か。僕自身が彼の親ぐらいの世代であるため、彼が作品で取り上げるテーマに途中からちょっとついて行けなくなったわけだが、小説はついて行けなくても、エッセイが切り取る彼の日常ぐらいはちょっと覗いても面白いかも―――そう考えて今回は、最新のエッセイ集をダウンロードすることにした。

「ゆとり」三部作も、一作目の『時をかけるゆとり』を読んで面白いと思ったのは7年前。途中の二作目はすっ飛ばし、最新作にして完結編と銘打たれている本書に直接向かうことにした。なにせまだ発刊から2ヵ月しか経過してない。彼の近況を知るには最も適した1冊だ。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

『昭和40年男』2022年10月号 [読書日記]

相変わらずである。前回の記事を予約投稿して以来、また4日にわたって管理ページへのアクセスができなくなった。ブログの記事は「書きたい」と思った時が勝負、特に時々取り上げてきたブータン時事ネタは旬が命だったので、時間を置いて管理ページにアクセスできるようになった時にやろうと思っても、そう簡単には書けない。またいつかアクセスできなくなるのではないかと考えると、このままSSブログで続けるのは怖くて仕方がない。今週は、サンチャイ★ブログをたたもうかと本気で考えた1週間だった。

10月29日(土)朝、久しぶりに、パズルを解けと求められる変な英語のページに惑わされずにいきなりログインさせてもらえた。いつかまたログインできなくなるかもしれないので、今のうちに書けるテーマで急いで書いておく。


昭和40年男 2022年10月号 [雑誌]

昭和40年男 2022年10月号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: クレタパブリッシング
  • 発売日: 2022/09/09
  • メディア: 雑誌

【購入】
この雑誌は、日本に帰っていた9月下旬に書店で購入。テレビも見ない、ネットメディアしか情報・娯楽のソースがない現地での生活の中で、たまに食事やくつろぎの時間にパラパラとページをめくるぐらいの軽い感じで読めて、かつ手を添えて読む姿勢をとらなくてもコーヒーテーブルの上に広げておけるような活字メディアといったら、やっぱり雑誌かムックということになるだろう。

『昭和40年男』は、もう創刊から6年ぐらい経過している雑誌で、昭和41年(1966年)の丙午を除けば過去60年間の中で最も年間出生者数も合計特殊出生率も高かった昭和40年代生まれ、今でいう五十代の購買層をターゲットにしている。会社勤めももう先が見えはじめて、組織の中では扱いに困る世代である。居心地の悪さを常に感じつつ、若い世代の社員のやること、経営層がやること、ともにいちいち癪にさわり、「今の若い奴らは…」とか「昔は良かった…」的な愚痴を、同世代の仲間同士で酒を飲むとつい愚痴っている世代だ。人口構成上は大きな割合を占めていて、収入もそれなりにまだあり、けれども今の組織の中ではお荷物となりつつあって、過去の栄光にすがろうとしている―――そんな購買層を狙った雑誌は、それなりの人気を博したようで、けっこう長生きしている。

日本にいたらパラパラ立読みで済ませるところが、海外駐在だとたまの一時帰国の際にこの手の雑誌は大人買いしてしまう。そういえば、過去にこの雑誌を買ったのも、前の海外駐在だった頃にまで遡らないといけない。(注記:記憶は嘘をつくな~。調べてみたら、僕が最初に購入したのは2015年12月号であった。)

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

『日本酒がワインを超える日』 [読書日記]

日本酒がワインを超える日

日本酒がワインを超える日

  • 作者: 渡邉久憲
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2021/09/28
  • メディア: Kindle版
内容紹介
読んでから、呑むか?呑んでから、読むか? 純度100%。ノンフィクションのジェットコースター経営ストーリー! 日本酒業界の売上規模が右肩下がりの状況の中、渡辺酒造店は「エンタメ化経営」で駆け上がる! いつか「日本酒がワインを超える日」を夢見て。
岐阜県にある創業151年の酒蔵・渡辺酒造店は、30年間右肩下がりの酒造業界の中で、なぜ年商約400%もの成長を実現できたのか! ? そしてなぜ、国内最多の受賞数を獲得し、世界中で数々の賞を受賞するに至ったのか? 華々しくもユーモラスな軌跡とオンリーワンの手法のエッセンスを、経営ストーリーと共に語るノンフィクションビジネス経営書。いま、日本酒に必要なのは「エンターテインメント」であるとして、渡辺酒造店が実践する「エンタメ化経営」の秘密を紐解く。
【Kindle Unlimited】
以前、十六総合研究所『「女子」に選ばれる地方』(2022年9月1日)を読んだ際、収録されている岐阜県の企業代表へのインタビューの中で、渡邉酒造が紹介されていた。その際、同社の社長が出した本についても紹介されていたので、「岐阜県推し」の一環として、いずれ読んでみようと思っていた。

Kindle Unlimitedにラインナップされたのはわりと最近なのではないか。先々週気付いたので、さっそくダウンロード。ただ、別の本(『承久の乱』)も呼んでいたし、先週は仕事の上で気の休まる日がなく、連日22時過ぎまで確実に残業していたので、睡眠不足もいいところ。読込みのペースは上がらず、200頁ちょっとの分量だったのに、読了まで時間がかかった。節の区切りが比較的こまめで、小刻みに読み進めるにはちょうど良かった。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

次回の出場はどうなる? [ブータン]


今年も辛うじてブータンチームはFIRST主催のグローバルチャレンジに出場することが叶った。

10月13日から17日まで、スイスのジュネーブで開催された国際コンテストに、18歳以下のティンプーの生徒3人が出場。180ヵ国から参加したチーム中、60位内に入ったとBBSでは報じられている。

このイベントには、メンターが2人同行した。1人はBBSのインタビューも受けているペマ・ヤンゾムで、バベサ初等学校の臨時教員である。元ファブラボ・マンダラのスタッフで、今年米国MITとファブ・ファンデーションが主催した6カ月のものづくり集中コース「ファブアカデミー」の卒業生でもある。

そしてもう1人、髭面で集合写真に写っている若者は、我がCSTのIT学科の4年生R君である。

CSTの学生で、しかも彼のことは1年以上前からよく知っているので、彼を通じてFIRSTグローバルチャレンジのことは聞いた。冒頭「辛うじて」と付けたのは、8月も下旬になって、彼が今回のブータンチームのメンターを務めているという話を彼から突然聞かされ、「渡航費用捻出のあてがないので援助して欲しい」と懇願されたからだ。

たまたまJICAの所長さんを含め、ブータン事務所の方が数名プンツォリンに来らたタイミングだったので、御一行にも彼の説明を聞いてもらった。でも、その時の僕の結論は、「今年はCSTの学生が絡んでいるだけになんとかしてあげたいけれど、来年以降は誰がブータンチームの編成に責任を持つのかが不明」で、来年以降の方針が明確に示されないなら、今年の渡航の支援をJICAに急にお願いするのは難しいのではないかということになった。

続きを読む


タグ:First STEM教育
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『承久の乱』 [読書日記]

またしてもここ3日間、SSブログの管理ページにアクセスできなくなりました。記事の新規作成と投稿も、そのせいでできませんでした。毎日ログインを試み、うまくいったタイミングで一気に記事を書くようにしています。

承久の乱 真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

承久の乱 真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

  • 作者: 坂井孝一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/07/12
  • メディア: Kindle版
内容(「BOOK」データベースより)
1219年、鎌倉幕府三代将軍・源実朝が暗殺された。朝廷との協調に努めた実朝の死により公武関係は動揺。二年後、承久の乱が勃発する。朝廷に君臨する後鳥羽上皇が、執権北条義時を討つべく兵を挙げたのだ。だが、義時の嫡男泰時率いる幕府の大軍は京都へ攻め上り、朝廷方の軍勢を圧倒。後鳥羽ら三上皇は流罪となり、六波羅探題が設置された。公武の力関係を劇的に変え、中世社会のあり方を決定づけた大事件を読み解く。
【購入(キンドル)】
なんだか、今年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』、盛り上がってません?Yahoo!ニュースでやたら取り上げられているのは、僕がそういう記事を選んで読んでいるから、AIによるレコメンド機能でも働いているからなのだろうか(笑)。残念ながら、僕はYouTubeのNHKのチャンネルで「だいたい10分でわかる」のシリーズを見て、一時帰国の際に2話だけ見て、でそれだけ。外国に駐在していて、大河ドラマの盛り上がり方について行けてない自分に若干のもどかしさは感じている。そのもどかしさを救ってくれているのが、「コテンラジオ」の新シリーズで鎌倉武士編が始まったことである。NHKの「だいたい10分でわかる」シリーズよりも、じっくり解説してくれていて、ポッドキャストでも聴ける。

大河ドラマはそろそろ実朝暗殺が描かれるタイミングなのだろうか。たまに猛烈に歴史の本を読みたくなる僕の、前回のブームは『鎌倉殿の13人』の放送開始前後だった。その時、坂井孝一『源氏将軍断絶』を読んだが、選んだ理由は「Kindle Unlimitedで読める」というものだった。そして、この本と争ったもう1冊が、同じ著者による『承久の乱』であった。

中公新書って、けっこう歴史上の出来事をテーマで取り上げてくれて、それが話題になることが多い。『応仁の乱』とか『観応の擾乱』とか。そんな流れの中で出てきたのが、2018年発刊のこの本。2022年の大河ドラマでこの時代が扱われるとわかっていたのかどうかは知らないが、仮にわかっていたとしても、世にあまたある「NHK大河ドラマ便乗商法」の類書と比べると本書は格が違う。この時代の歴史研究者が書いた、一流の歴史解説だといえる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: