So-net無料ブログ作成

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 [趣味]

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: VAP independent(VAP)(D)
  • メディア: DVD
内容紹介
リリー・フランキー原作の同名ベストセラーを映画化した本作は、ドラマ版とは違って、映画ならではの細部へのこだわりや、絶妙なキャスティングによって、原作の持ち味を存分に活かすことになった。原作者自身がモデルである主人公の「ボク」が、炭鉱町・筑豊での少年時代を経て、東京でイラストレーター兼コラムニストそして成功。ガンに冒された「オカン」を東京に呼び寄せるという物語は、ほぼ原作どおり。映画だからといって、妙に本筋を外れなかったことに好感が持てる。
長髪で無精ヒゲを生やしたオダギリ ジョーは、思いのほかリリー・フランキー本人に近いイメージ。さらに樹木希林のオカンの若き日を実娘の内田也哉子が演じることで、時の流れが見事に表現されている。そのほかキャストでは、原作にも出てくる松田美由紀の使われ方や、一瞬だけ登場する豪華ゲストも見どころ。炭鉱町のセットを始め、その後の80~90年代のカルチャーも丁寧に映像化された。原作ファンが気になるのはクライマックスだが、オカンがガンに苦しむ姿を壮絶に描く反面、その後は過剰な演出を避けたたことで、原作よりも、じっくり感動する人が多いかもしれない。映画として、どこにインパクトを与えるべきなのかを、監督の松岡錠司は知っているのだろう。(斉藤博昭)
大晦日の夜、職場関係の野郎4人で我が家に集まり、酒盛りをやって新年を祝ったという話は前回重松清著『十字架』を紹介した記事の中でも言及したが、その際、取りあえずBGM的にお客さんに見せていたのがこのDVD。現在バンコクで新年を祝っている真っ最中の別の同僚から貸してもらったもので、年末年始に纏めて見てしまおうと思っていたものだ。(実はその前に1人の時にも一度見ているので、流し上映であっても一応内容は把握している。)

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『おくりびと』 [趣味]

おくりびと [DVD]

おくりびと [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD
職場の同僚から貸してもらったDVDを年末年始の連休を利用して見ているところである。

その第一弾『おくりびと』は、11月には既に貸してもらっていたのだが、なんとなく見そびれてここまで来た。扱っているテーマが明るくないなと思ったからだ。単身で寂しく生活している者が見るのはつらい。しかし、意を決して見てみると、予想通りの号泣であった。

銭湯のお婆ちゃん(吉行和子)を見送る長男・山下(杉本哲太)の涙、火葬場職員平田(笹野高史)がお婆ちゃんを見送る際のセリフを見て泣き、そして納棺師・小林(本木雅弘)が自分の少年時代に自分と母を捨てた父親の訃報を聞き、駆け付けて自ら納棺を手掛けるシーンも泣けた。特に、お婆ちゃんの葬儀のシーンは泣けて泣けて仕方がなかった。

納棺はこれまでは見送る家族が行なってきたもので、納棺師のような業者の存在を肯定しようとしているとの批判もあると聞くが、実際問題としてもはや家族が納棺を取り仕切るなどということは今や不可能に近いわけで、受け入れなければならない現実かとも思う。「すき間産業」と形容するシーンが劇中でも出て来るが、そういう時代の流れなのだろうなと思う。

ものすごく不謹慎な言い方をすれば、身内に不幸があった時に、家族はどのように振る舞うのかというのを考える意味では参考になるようなシーンが幾つかあった。

それにしても、こうした作品が評価されるようになったのは、やはり今の日本社会で高齢化が進み、「死」というものを多くの人が真剣に考えざるを得なくなってきているからだろう。それにしても山形・庄内地方の町、日中でも人の外出が少ないのがものすごく気になった。これも今の日本社会の現実なのだろうが。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

迷走の初弾き語り [趣味]

秋の夜長に…
単身赴任生活に入ってから3週間。まあなんとか新たな生活のリズムも出来つつある。「人間嫌い」かつ「出不精」の性格から危ぶまれた週末の過ごし方も、取りあえず今のところは幾つか入った行事にも助けられて家で過ごす時間は意外と少ない。この歳になってから性格を変えたいとまでは思ってないので、取りあえずは1日1イベントぐらいで外出機会を作るだけでいいかなと思う。

平日の夜の過ごし方も少し変わった。時差の関係から平日夜に電話で妻と話すことはあまりできないので、もっぱらミクシィで「交換日記」をやっている。プラス、就寝までの最後の1時間は、ヒンディー語の通信講座(以前ご紹介したものです)と、なんとこの歳にしてアコースティックギター再挑戦というのを目標に掲げて1日15分練習を行っている。

上の記事を書いたのは9月半ばのことだ。8月に家族を帰国させ、9月初旬に無事引越しも終えた僕が、引越しの1週間後にやったのがアコギの購入。そして少しずつ練習を積み重ね、12月23日の職場の忘年会で初めて練習の成果を披露した。

Guitar2009-12.JPG相当に練習したつもりだったが、前日から久々に不整脈をやり、さらにこの日は37℃台半ばの熱でフラフラしながら仕事をやった後で多少酒も飲み、緊張もしまくった状態での弾き語りは思った以上にきつかった。指がうまく動かないし、パニクってコード進行は間違えるし、歌詞は忘れるしで…。譜面に目が行くとコード進行が疎かになるし、譜面のコードを注視していると歌詞が覚束なくなる。迷走しまくった。ホント赤っ恥モノだ。

続きを読む


秋の夜長に… [趣味]

単身赴任生活に入ってから3週間。まあなんとか新たな生活のリズムも出来つつある。「人間嫌い」かつ「出不精」の性格から危ぶまれた週末の過ごし方も、取りあえず今のところは幾つか入った行事にも助けられて家で過ごす時間は意外と少ない。この歳になってから性格を変えたいとまでは思ってないので、取りあえずは1日1イベントぐらいで外出機会を作るだけでいいかなと思う。

平日の夜の過ごし方も少し変わった。時差の関係から平日夜に電話で妻と話すことはあまりできないので、もっぱらミクシィで「交換日記」をやっている。プラス、就寝までの最後の1時間は、ヒンディー語の通信講座(以前ご紹介したものです)と、なんとこの歳にしてアコースティックギター再挑戦というのを目標に掲げて1日15分練習を行っている。

IMGP3702.JPG

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

エア・サプライ来日公演 [趣味]

AORを代表するグループエア・サプライ、
<Billboard Live>来日公演決定

 「ロスト・イン・ラブ」「シーサイド・ラブ(原題:The One That You Love)」「さよならロンリー・ラブ(原題:Even the Nights Are Better)」など、80年代のAORブームとともに多くのヒット曲を世に放ったエア・サプライ。彼らは88年に活動を休止しているが、91年にグラハム・ラッセルとラッセル・ヒッチコックの2人で再結成している。その2人が09年3月、<Billboard Live>に来日することが決定した。
 日程は09年3月11日(水)・12日(木)Billboard Live TOKYO【開場17:30~、20:45~】、3月14日(土)Billboard Live FUKUOKA【開場16:15~、19:15】、3月16日(月)Billboard Live OSAKA【開場17:30~、20:00~】の4日間で、各日程入れ替え制で2公演開催される。
 ミュージックフィーはサービス席が 東京11,000円/福岡・大阪 11,500円(税込)で、Casual席が東京 9,000円/大阪 9,500円(税込・1ドリンク付)となっており、1月17日(土)より一般受付がスタートする。なお、<Billboard Live>BBL会員は1月10日(土)に受付開始となる。
1月4日12時0分配信 リッスンジャパン
スミマセン、日頃扱っているジャンルからすると全く脈絡ないネタで。

なんかこのところ気持ちが落ち着く音楽のCDでも聴きたいなと思い、年末に購入したのがこの1枚であった。スゴイ偶然ですね。エア・サプライのことめちゃめちゃファンだというわけでもなく、学生時代から社会人初期の頃まではむしろシカゴの方がお気に入りだったのだが、何となく今は聴いていて落ち着けるボーカルが恋しくなった。エア・サプライのファンだと言っていた学生時代の彼女のことが忘れられないわけではないが…。

Greatest Hits

Greatest Hits

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD
それにしても、この2人が未だ活動しているというのも凄いと思う。音楽ショップに行ってエア・サプライのラックを見て改めて思ったのだが、彼らはヒットした数曲だけで食っているようなもので、どのアルバムも収録曲に殆ど大差がない。これも驚き。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ささやかなこの人生」 [趣味]

 

ニューミュージック・ベスト

  • アーティスト: 風, イルカ, かぐや姫, 鈴木茂, ティン・パン・アレー, 今日は雨, 南こうせつ, 沢田聖子, 細野晴臣
  • 出版社/メーカー: 日本クラウン
  • 発売日: 1992/10/21
  • メディア: CD
 
最近、昔のフォークソングがやたらと聴きたくなり、
1992年の暮れに買ったこの2枚組のCDをよく聴いている。
購入したのは前に勤めていた金融機関を辞める決心をした頃で、
93年2月から今働いている別の会社に移るまで、
独身寮の荷物の整理を夜遅くまでしながら聴いていたのを
昨日のことのようによく覚えている。
次に勤める会社に夢を抱きつつも、
働きなれた職場と仲間の下を去るのは寂しい気もした。
そんな心境に、妙にこのラインナップは合っていたと思う。
 
今は会社を辞めるわけではないし、
異動するといっても未だ身辺整理を始めているわけでもないが、
それでもなぜかしら聴きたくなった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夜叉ヶ池登山断念 [趣味]

8連休という僕にしては長い夏休みをいただいたのだが、帰省先での最大の後悔は、揖斐川上流の夜叉ヶ池に登れなかったことだ。

最初は14日(日)の早朝を予定していたのだが前日天気予報を確認したら朝9時時点て小雨予想だったので、大事をとって延期にした。しかし当日は朝から快晴で、これだったら十分登れたと後悔。

再挑戦は16日(火)の早朝を考えていたが、前日は夕方から雨で、しかも北陸地方は大雨ということだったので、これは無理だと諦めた。夜叉ヶ池に隣接する三国岳は、福井、岐阜、滋賀の3県にまたがるため、雨雲がかかっている可能性が高かったからだ。(夜叉ヶ池のライブ映像を配信しているウェブサイトがあるので、全景はこちらで確認下さい。)

夜叉ヶ池は、実家からだと登山口まで車で1時間30分、登山口から約3kmの登山道を歩いて1時間30分で行くことができる。登山道の最後がロープを使って登る絶壁になっているのが最大の難所だが、距離的には今の自分の体力で登るには適当だと思う。それに、僕が1995年7月に「夜叉ヶ池伝説マラニック」に出場して夜叉ヶ池に最後に登ってから今年は丁度10年経つ。健康をかなり害している僕が、再び夜叉ヶ池を目指して走り出せるか、動機付けをしておきたいという気持ちがあった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

平田靱負と玉川兄弟 [趣味]

 6月1日のNHKテレビ「その時歴史が動いた」は結構真剣に観てしまった。サブタイトル「知られざる義士伝―宝暦治水・薩摩武士の苦闘―」、1754~55年に木曽、長良、揖斐の三川の治水事業を負わされた薩摩藩の武士達の物語であるが、岐阜県美濃地方の小学校で教育を受けた者なら必ず教わる郷土の歴史の話だ。今は市町村合併で海津市という名前になってしまったが、少し前までは、海津郡平田町という町があった。この「平田」という名の由来は、宝暦治水の総奉行だった平田靱負(ゆきえ)から来ている。岐阜県人は隣の愛知県人のことはあまり好きではないが(木曽川の土手を岐阜県側よりも高くしているとかしてないとか)、鹿児島県人にはとても親近感を持っている。いずれの話も水絡みなのがおかしい。こういうご恩は何世代も何世代も語り継がれていくのである。そう考えると、いつまでも日本の戦争責任を持ち出す中国や韓国のことも何となく理解できるような気がしてしまう。

その時歴史が動いたウェブサイト               http://www.nhk.or.jp/sonotoki/sonotoki_syokai.html#01                        薩摩義士と奥の細道                                        http://www.mirai.ne.jp/~wakita/                                              木曽三川治水偉人伝                                         http://www.kisogawa-bunko.cbr.mlit.go.jp/6/6-8.htm

一方、先週末に市立図書館に本を何冊か借りに出かけた際、ふと思いついて玉川上水のことが書かれた小学校高学年向けの本を借りることにした。なんとはなしに、自分が住んでいるこの界隈は、江戸時代ってどんなところだったのだろうかと興味が湧いたからである。玉川上水が羽村取水口から新宿・四谷大木戸までの43km区間開通したのは1652年のことだ。43kmも距離があるのに、この区間の高低差は92mくらいしかないらしいから、これもとんでもない治水技術だったことがうかがえる。因みに、僕の住んでいる地域は、1734年に開通した梶野分水によって新田開発が進んだ地域らしい。元々この地域で小学校教育を受けている妻に聞いたところ、玉川庄右衛門・清右衛門の玉川兄弟というのは、やっぱり郷土の偉人として学校で教わるらしい。

これで僕も少しはこの町の歴史に詳しくなれただろうか。

玉川上水ネット                                  http://www.parkcity.ne.jp/~tama-net/                               玉川上水                                                http://www001.upp.so-net.ne.jp/takara/zyosui.htm


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ボクたちの力でSLを走らそう [趣味]

5月9日付の日本経済新聞朝刊の地域総合面に大井川鉄道の「トラストトレイン」の記事が載っていた。「Do it 街self」という週1回の特集記事だ。ボクはこうした市民の力を実感できる記事が大好きだ。「トラストトレイン」とは、機関車も客車も維持費用も、殆ど全てを市民の募金による市民参加型の保存列車のことである。少し記事を引用してみよう。

「SLは維持費だけでも年間数百万円かかる。すべてを民間の手で、という理想も『文化財保護には資金が必要』という現実を前に実際はキチキチ。」そこで、財団法人日本ナショナルトラストは、1987年、C12型SLと客車3両を約1,050万円で購入し、その費用の大半を1口3万円という個人からの寄付で賄ったという。こうして、市民の財産となったSL列車は、延べ年8日間運行するに際して、全国から集まったボランティアの手により、車内清掃やプレート磨き、車内での募金活動が行われる。機関士の育成まで自前で行なっているという。

ボク自身は未だこうしたトラストトレインへの寄付を自分でやっているわけではないが、アメリカに住んでいた時には、ボルチモア鉄道博物館とペンシルベニア鉄道博物館のサポート会員になり、貴重な文化財の維持管理にわずかばかりの協力をさせてもらったことがある。何しろ長男は機関車が大好き。博物館訪問も1回ぽっきりというわけにはいかない。いったん会員になれば入館料はただだし、イベントは優先チケットをもらえるし、館内のギフトショップでは割引もきく。それなりに元は取れたと思っている。

重要なのは、それに携わって楽しいと思えることにはカネを出す人は多いということだ。文化財保護を国の税金なんかでやろうとすると、その文化財をさほど重要と思っていない人でも負担をさせられて負担意識が残るが、その文化財から便益を得られると思う人にしてみれば、負担意識よりも得られる効用の方が大きい。金銭の話だけではなく、これはボランティア活動全般に言えることではないだろうか。なんでも行政がやってくれると思ってちゃいけないということでもある。

この記事で驚きだったのは、ナショナルトラスト運動は本場の英国でも1990年代に盛んになったと言われている中で、このトラストトレインが1987年に運行開始しているという事実である。しかも、それがわが国の「空白」の90年代を生き延び、現在も活発に行われているということである。

こういう心温まる記事を見ると、大井川鉄道に一度乗ってみたいと思うようになる。いずれ子供たちを連れて行きたいとは思っていたが、今年中になんとか機会を作りたいと思っている。