SSブログ

『言葉の周圏分布考』 [読書日記]

言葉の周圏分布考 (インターナショナル新書)

言葉の周圏分布考 (インターナショナル新書)

  • 作者: 松本 修
  • 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル
  • 発売日: 2022/04/07
  • メディア: 新書
内容紹介
「全国アホ・バカ分布図」の完成から30年! 圧巻の50枚以上のカラー分布図で日本語変遷二千年の謎を解き、方言の豊かさを描き出す。知的興奮とともに、ふるさとの言葉の懐かしさを味わえる1冊。テレビ番組『探偵!ナイトスクープ』の全国アホ・バカ調査で示した分布図で、方言が京都を中心に何重もの円を描いていることを見せ、言語学会を驚かせた著者。その後1991年に全国3000超の市町村へ行った方言アンケートの回答を、膨大な私費を投じて集計、数多くの言葉の分布図を作成した。本書では50数枚の方言分布図を丹念に読み解き、日本語の伝播の経緯と背景にあるストーリーを面白く興味深く描き出す。身近な「どっさり」や「醤油」などの分布図を、方言にまつわるエピソードとともに解説。なかでも源氏物語での「戻る」に注目し、その変遷を史料を駆使してどこまでも深掘りし、波照間島まで旅する論考は圧巻。また、周圏分布の原点に立ち返り、柳田國男が『蝸牛考』でとなえた方言周圏論について検証する。謎解きの強烈な助っ人、「小竹探偵」とのやりとりも楽しい。『全国アホ・バカ分布考』(新潮文庫)、『全国マン・チン分布考』(インターナショナル新書)につづく第3弾!
【購入(キンドル)】
本書は、今年前半に出たのを知っていて、いずれ読もうと思って今日に至っていたもの。1996年発刊の『全国アホ・バカ分布考』は、このブログをはじめるずっと以前、文庫化される前の1993年刊行の単行本を独身の頃に読んでいる。この著者の単著としては、2005年刊行の『探偵!ナイトスクープ アホの遺伝子』を2009年11月に読み、ブログで紹介している。

著者はこの関西のオバケ番組『探偵!ナイトスクープ』の初代プロデューサーを務めた方だが、その番組で「全国アホ・バカ分布図」を取り上げた後もこの方言の分布というテーマを追求し、本書のタイトルにもある、京都を中心とした方言の「周圏分布」を主張し続けてきた民間研究者でもある。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)