SSブログ

研修は、1カ月で終わりました [ブータン]


この技能研修、注目してたんですよね。3月末にブログでもご紹介した際、募集案内には「2カ月」と書いてあった。3Dプリントの研修に2カ月は時間かけすぎやろと思ったので、シラバス入手できないものかと少し手をまわしたが、入手できなかった。でも、2カ月で募集をかけておきながら1カ月で修了させるって、そもそもシラバスがあったのかどうかも疑わしい。

そんな研修が、チュメ職業訓練校で5月27日に修了式を迎えたと報じられたわけだけれど、お詫びや訂正があるわけでもなく、淡々と修了したことだけが報じられている。僕もこんなに早く終わるとは思っていなかったので、ティンプーの知人から「Facebookにこんなの出てますよ」と知らされるまで、修了式の話はまったく知らなかった。

理由は何だったんでしょうかね。5月16日の労働人材省Facebookページには、同じような3Dプリントの研修を、ゲレフのジグミワンチュク電気訓練所(JWPTI)で行うとして、5月26日を応募締切日に募集開始するとある。研修開始は6月15日だそうだ。これもまた急な話だ。JWPTIは6月4日にファブラボを開所するので、それとの関連かもしれない。ただ、開所するためのファブラボJWPTIの代表者は現在ティンプーで研修中で、少なくとも6月いっぱいはその研修自体が終わらない。この代表者が不在の状態で、ファブラボを会場として提供してやっちゃうのだろうか。そしてその時のインストラクターは、チュメでのお仕事を終えられた韓国人のシニアの方なのだろうか。

5月31日、たまたま労働人材省の技術訓練局に伺う機会があったので、訊いてみた。元々JWPTIは同省傘下の職業訓練校で、今度ファブラボができて3Dプリンターが6台入る。さらに今後はここで3Dプリントの常設コースも開設するので、それに向けてさらに3Dプリンターが追加で導入され、15台ぐらいになるらしい。また、ファブラボの担当者が6月末まで不在なのも承知していて、6月15日からの研修をリードするのは、チュメ校と同じ韓国人のインストラクターなのだそうだ。

また、シラバスはちゃんとあるらしく、ショートリストに上がって外国人インストラクターからシラバス提供を求めて、それを評価してインストラクターを誰にするかを決めるらしい。外国人にこだわる理由は不明だが、欧米人だと人件費が高くつくので、韓国人やシンガポール人、タイ人、フィリピン人あたりが候補なんだとか。日本人も高いと言われた。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感