So-net無料ブログ作成

『戦後日米交渉を担った男 外交官・東郷文彦の生涯』 [ブータン]

戦後日米交渉を担った男  外交官・東郷文彦の生涯 (.)

戦後日米交渉を担った男 外交官・東郷文彦の生涯 (.)

  • 作者: 伊奈 久喜
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2011/09/22
  • メディア: 単行本
内容紹介
戦後日米外交史に残る「安保改定」と「沖縄返還」の交渉に深くかかわった外交官の活躍と苦悩を描き、知られざる人物像に迫る評伝。

ブータンと日本の二国間関係に深くかかわっておられた方にお話をうかがうと、よく、「東郷大使」という言葉を耳にする。「あの頃カルカッタの日本総領事をなさっていた」と聞く。実際、1965年には『ブータン~ヒマラヤの王国』という本も出しておられる。1985年にお亡くなりになった後、遺骨の一部は、パロのキチュ・ラカンを見下ろす山麓で慰霊されている。

この他に、『日米外交三十年』という著書もあることや、本日ご紹介する伝記でも中心テーマになっているのでおわかりの通り、1960年の日米安全保障条約改訂、1972年の沖縄返還交渉、日米核持ち込み問題などで、事務方として日米交渉を支えたのが東郷大使であり、1974年には外務事務次官、1975年から80年までは駐米大使を務めておられる。

そんなアンシャンレジーム出身のエリート中のエリートが、日米安保条約改訂時を外務省北米局安全保障課長として過ごした後、1960年秋から2年間、カルカッタ総領事を務められた。外交交渉の骨休みのような意味合いだったようだが、この間、1962年5月に約2週間、ブータンを訪問されている。その時に同伴された夫人が、ブータンを訪問した最初の日本人女性なのだとか。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: