So-net無料ブログ作成

自著のあらましを述べるとNG? [ブータン]

ダショー・ソナム・キンガのFBポストはソーシャルメディア規則に違反
Dasho Sonam Kinga’s post violates social media rules: Media arbitrator
Kuensel、2018年9月8日、Sonam Pelden記者
https://www.kuenselonline.com/dasho-sonam-kingas-post-violates-social-media-rules-media-arbitrator/

最近、ブログで当地の新聞記事をご紹介してなかったのは、ひと言で言えば面白い記事がなかったからだ。15日に迫った国民会議(下院)議員選挙予備選投票日に向けた、各党の選挙運動を公平に報じ、かつ不在者投票の様子などを報じ、かつそれが全国に散らばった記者からのレポートとしてかなり平等に報じられるので、あまり面白くなかったのである。大衆を巻き込むイベントは自粛だし(でも、9月12日から16日まで開催されている「ブータン・インド貿易投資促進エキスポ2018」は開かれているけど)、個別の学校で開かれた美術の展覧会等も、せいぜい写真が掲載されるぐらいの扱いになる。

ここ2週間ぐらいで、選挙報道以外で大々的に報じられていたのは、ジグミ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院(JDWNRH)の新生児ICUの院内感染問題と、ソナム・キンガ前国民評議会(上院)議長のFacebookへの書き込み問題ぐらいである。今日はその後者を取り上げる。

ソナム・キンガ前議長(以下、ダショー)は、8月31日、自身のFacebook上で、自身の執筆中の著書が年内に出版されることを明らかにした。テーマは、過去2回の総選挙に基づき選ばれた政権の政策運営について述べた回顧録のようである。ダショーは2008年に評議会議員に選出され、すぐに副議長に選出。2013年の再選後は評議会議長を務められている。当然、2つの下院議員選挙で選ばれた政権与党の政権運営を、上院の立場で見てきた人なので、今年5月の引退後に回顧録のようなものを著されるのは、そりゃそうだろうと思える。

でも、このFacebook投稿に、2008年から2013年まで政権与党の座にあったDPTが、トブゲイ党首の前政権(PDP)を利するとして問題視し、冒頭で挙げた記事の他にも、ブータン選挙管理委員会(ECB)が記事削除を求めるなどの動きがあり、最初のうちは反論されていたダショーも、結局8日には記事を削除された。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感