So-net無料ブログ作成

『清沢冽』 [読書日記]

清沢洌―外交評論の運命 (中公新書)

清沢洌―外交評論の運命 (中公新書)

  • 作者: 北岡 伸一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2004/07/01
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
『暗黒日記』の著者として知られる清沢洌は、戦前期における最も優れた自由主義的言論人であり、その外交評論は今日の国際関係を考える上で、なお価値を失っていない。石橋湛山、馬場恒吾ら同時代人のなかでアメリカに対する認識が例外的に鋭くあり得たのはなぜか。一人のアメリカ移民が邦字新聞記者となり、活躍の舞台を日本に移してから、孤独な言論活動の後に死すまでの軌跡を近代日本の動きと重ねて描く唯一の評伝。

先月何度か言及した「人からいただいた本」というののシリーズである。但し、この本は、先月僕に多くの本を譲って下さった方とは違う方から手渡された本である。「ゆっくり読んで下さい」と言われていたので、本当にゆっくりしていたら、気付けば1年が経過してしまっていた。いくらなんでもその方に対して失礼なので、慌てて読み始めた。渡された本はもう1冊あるが、バック・トゥ・バックで読んで紹介したりすると、僕の素性がばれる大きなヒントになってしまうので、読んだとしてもブログで紹介するかどうかはわかりません。

いろいろな読み方があると思うけれど、僕は大人の読者向けに本気で書かれた伝記として読んだ。伝記の類は小中高生時代に結構読んだが、子供向けだからやさしく書かれていたし、ましてや著者が本気で史料を探して、読み込んで書かれていたわけではなかった気がする。この手の伝記は以前、白洲次郎大川周明星新一渋澤敬三と宮本常一孫正義等を読んできたが、ジャーナリストやノンフィクション作家ではなく、学者が書かれた伝記というのは、多分初めてじゃないだろうか。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)