So-net無料ブログ作成

イヌは増えているようです [ブータン]

2009年以降、不妊措置が取られたイヌは8万5000匹
85,000 dogs steralised across the country since 2009
Kuensel、2018年8月13日、Karma Cheki記者
http://www.kuenselonline.com/85000-dogs-steralised-across-the-country-since-2009/
【ポイント】
ヒューメイン・ソサエティ・インターナショナル(HSI)と農業省畜産局は、6月24日から7月10日にかけて、第2回イヌ人口調査を実施。それによると、ブータンのイヌ総人口の60~80%が不妊化及びワクチン接種措置がとられていたという。2009年、政府は全国イヌ人口管理・狂犬病抑制プロジェクトをスタートさせたが、それ以降の累計で約8万5000匹のイヌが不妊化と狂犬病ワクチン接種が行われてきたことになる。

同調査では、街のイヌの人口計測だけでなく、イヌの飼い主を対象としたKAP調査(知識、態度、実践実態調査)も実施された。結果、ティンプー、パロの都市住民世帯数の21%、農村世帯の40%がペットとしてイヌを飼っていることが判明。

調査によると、可移植性性器腫瘍(CTVT、イヌ科に発生する感染性の腫瘍)の兆候が見られるイヌはティンプーでは見られなかった。2009年以前にはCTVTはよく見られた兆候だったので、これは全国イヌ人口管理プロジェクトの成果といえると分析。

第1回イヌ人口調査は2015年に実施。その際、ティンプー市の野犬の67%、パロ市街地の野犬の73.8%が不妊化措置を受けていたことがわかっている。また、ティンプー県農村部の野犬の45.5%、パロ県農村部の野犬の57.6%も不妊化。都市部では毎年1500匹程度の不妊化措置がとられ、これによりイヌ人口がほぼ変わらない水準で数年経過しているとのこと。

一方、2018年の第2回調査の結果、パロ、ティンプーともにイヌ人口密度が上昇していることがわかった。これは、不妊化を免れているイヌの間で新たな子どもが生まれていることを意味し、2009年からのプロジェクトがうまく行っていないことになる。ティンプーやパロはこの間、人口も増え、ホテルも増えた。これに伴い精肉店も増え、生ごみも増えた。これらの人間生活の変化が、イヌの人口増加にもつながっているとHSIでは分析。

野犬実態調査は、ティンプー、パロ、サムチ、チュカ、ブムタン、タシガン、サルパン、サムドゥップジョンカルの8県で実施。また、飼い犬実態調査はティンプーとパロで行われた。

農業省の全国イヌ人口管理・狂犬病抑制プロジェクト担当官によると、こうした実態調査は、プロジェクトのインパクトを確認し、今後どのような措置を取っていくべきか、目的達成に向けた長期戦略の策定にも役立つとのこと。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)