So-net無料ブログ作成

『キックスターターガイドブック入門編』 [仕事の小ネタ]

キックスターターガイドブック入門編

キックスターターガイドブック入門編

  • 作者: キックスターターガイドブック製作委員会
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/12/25
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
世界最大のクラウドファンディングプラットフォーム。全世界から支援を受けてアイディアをカタチにする。世に出ていないモノを支援する。新しいモノ・コトを受け取る。クリエイティブなプロジェクトに生命を。

今月、メイカー・ムーブメント系の書籍を続けざまに読んでここに至る中で、次に一度読んでおくべきはクラウドファンディングについて書かれている本かなと思い、キンドル版をお取り寄せしてちゃちゃっと読んでみた。昨年、Kickstarterの日本語版サイトがリリースされて、日本人にもKickstarterが使いやすくなったのを受けてのムック本である。

日本でクラウドファンディングといったら、ReadyForやMakuakeが普及していると思う。ブータンで言えば、ちょうど2年前に当時の青年海外協力隊員がReadyForで資金調達してブータンの柔道選手の日本遠征を実現させた。今も、インドかスリランカの協力隊員が両国のラグビーチームで試合を実現させたいというのでクラウド資金調達をやっているが、これもReadyForを活用している。今ティンプーで営業中の「ラーメン颯(HAYATE)」さんも2年前にクラウドで創業資金の調達をやられていたが、活用されたのはMakuakeだったと記憶している。

いずれも日本人が日本語で、日本で資金調達するには向いているプラットフォームである。そういう資金調達の仕方が良いケースもあるだろうが、逆にバッカーが日本限定になってしまうこともあり得る。そこにKickstarterが登場。直前に読んだ『私たちはみなメイカーだ』の中でも、Kickstarterで資金調達したハードウェア・スタートアップの話がいくつも紹介されていたが、広く世界中からバッカーを募ることができるという点で、Kickstarterには可能性も感じる。但し、クリエイターは英語でのプロジェクト紹介ができることが必須となってくるらしいが。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ: