SSブログ

『負け逃げ』 [読書日記]

負け逃げ(新潮文庫)

負け逃げ(新潮文庫)

  • 作者: こざわたまこ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/09/21
  • メディア: Kindle版
内容紹介
逃げたい、逃げなきゃ。でも、どこへ? 野口は、この村いちばんのヤリマンだ。けれど僕は、野口とセックスしたことがない―― 大型スーパーと国道沿いのラブホが夜を照らす小さな町で、息苦しさを抱えて暮らす高校生と大人たち。もはや人生詰んでるけど、この外でならば、なんとかなる、かも、しれない。あきらめと若さが交差する、疾走感に満ちたデビュー作。
【N市立図書館】
引越し先の長岡で、ようやく公立図書館の利用者カードを作ることができた。東京の感覚でいたら閉館時刻が19時というのが早すぎて、しかも職場を出られるのが18時30分頃なので、どうしても平日の利用が難しく、なかなか図書館に行くことができなかった。なんとか時間を作ってようやく行ったら、利用者カードを作るには、市内で勤務していることを証明する勤務先の社員証ではダメで、現住所を示す書類の提示が必要だと言われた。公共料金の領収書でも、宅配便の送り状でもなんでもいいという。住民票を長岡に移していない僕には利用がしづらい図書館である。

4週連続で東京に戻っていた5月が終わり、6月の第2週から週末も長岡にとどまっている。週末にいられるようになったので、ようやくゆっくりと図書館に出かけて、利用者カードを作って本を借りることができた。まだ小説の棚がどのあたりなのか、土地勘もなかったので、誰かが返却したばかりで書架に戻されていない蔵書の中から、手頃なものを借りることにした。

今回ご紹介するのもそんな1冊である。初めての作家だが、そもそもがデビュー作らしい。プロフィール欄の好きな作家に重松清と窪美澄を挙げておられる。読んだ感想を言わせてもらえば、重松清というよりも窪美澄寄りの作風だなと思う。窪美澄はそれほど読んでいないが、主人公は若い女性で、しかもそのダークサイドの方をえぐり出すような作風で、読んでいてあまりいい印象を受けない。重松清はというと、たぶん舞台設定として地方の高校あたりを取り上げた作品は重松には多い気がするが、それほど重苦しい、S●Xが絡むような作品は重松はあまり書かないし…(例外もあるが)。



舞台として地方の、しかも「村」と言ってもいいくらいの田舎の高校を舞台にしたところで、ちょっと興味をひかれて手に取った。『負け逃げ』というタイトルもわりと好きだが、読んでいてちょっと息苦しさを感じた。主人公が次々入れ替わっていく連作短編の体を取っているが、主人公やその周りの人びとのセリフが極端に少なく、主人公の心の動きやそのバックグランドの描写がすごく多い。実際に自分自身の日常を振り返ってみても、会話よりも1人沈思黙考する時間の方がはるかに長いから、実態に近いバランスだと言えないことはないが、人の気持ちのゆらぎを描くのにスペースを割きすぎると、読んでいてものすごく重くなって、あまりサクサク読み進められなくなる。

どちらかというと窪美澄寄りの作風だと述べたのは、そんな理由からだ。

また、本のタイトルにもなっている「負け逃げ」というのは、作品全体のトーンを示す言葉として適当だと言えるのかもよくわからなかった。いつも音楽ばかり聴いている男子高校生のどこが「負け」確定なのか、高校の男性国語教師や女性英語教師の生き方は「敗者」のそれなのか、内容紹介でも書かれている「野口」という女子高生は、まだ負けても逃げてもいない。野口の母は都会で暮らしていたのが田舎に戻って来たという経緯もあるので、「負け逃げ」で指す登場人物とは言えるのかもしれないが、それでも「負け」て戻って来たという印象は受けなかった。

タイトルが興味を引いたので借りることにした作品なのに、どこがどう「負け逃げ」なのか、よく理解できなかった。ちゃんと読んでれば理解できたのかもしれないが、そこまで作品を読むのに集中できなかった。

なかなか評価が難しい作品だった。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント