SSブログ

『歴史思考』 [趣味]

世界史を俯瞰して、思い込みから自分を解放する 歴史思考

世界史を俯瞰して、思い込みから自分を解放する 歴史思考

  • 作者: 深井 龍之介
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2022/03/30
  • メディア: Kindle版
出版社からのコメント
元大工の政治犯として処刑されたイエス・キリスト
仕事もできず、引っ込み思案だったマハトマ・ガンディー
転職は10回以上! 3度も破産したカーネル・サンダース
目からウロコ!偉人たちのリアルで身近なストーリー続々!
歴史と聞いて、学生時代を思い出し、身構えてしまう人も多いはずです。でも、この本には覚えるのが大変な年号などは登場しません。歴史上の偉人たちの人間くさくておもしろいエピソードを通して、新しいモノの見方・考え方を獲得することができます。本書を読めば、あなたを苦しめている悩みが間違いなく吹っ飛びます。「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」初の著書! ! 音声配信でも語られることのなかったメッセージがてんこ盛り
【購入(キンドル)】
ファンになってから日が浅いのだけれど、僕は「COTEN RADIO」の愛聴者である。1月下旬のある日、LINE電話で妻や娘と話していて、2人が口を揃えて「COTEN RADIO」を勧めたことがあった。僕が歴史書や歴史小説をやたらと借りてきたり、買ったりして読んでいても、ほとんど興味を示さなかった我が家の女子2人が、揃って「COTEN RADIOは面白い。初めて歴史が面白いと感じた」と言っていた。

これは革命的なことだ。僕を歴史の世界にいざなったのは、小学校時代に父が買い揃えてくれたポプラ社の伝記全集の「豊田佐吉」「豊臣秀吉」と、小学校の図書館で読んだ古典文学全集「太平記」「平家物語」あたり、そして1973年に放送されたNHK大河ドラマ「国盗り物語」だったと思っている。そういう「出会い」がないと、歴史の面白さって家族にすらなかなか理解してもらえないのが実情。我が家の女子2人にとって、「COTEN RADIO」との出会いが、歴史を知り、歴史を学ぶきっかけになってくれたのならとても嬉しい。深井さん、ヤンヤンさん、樋口さん、ありがとうございます!

首都での1回目のロックダウンの終わりが見え始めた2月上旬、メガゾーン内での徒歩移動が許されるようになってから、僕は運動不足解消のため、1時間以上にもわたるウォーキングを日課にするようになった。そこで、かねてから妻と娘に勧められていた「COTEN RADIO」を、試しにポッドキャストで聴いてみた。結果として、僕もハマった。以後、ウォーキングに出かけるとき、徒歩通勤の途上、たいてい聴いている。

吉田松陰、スパルタ、秦の始皇帝、世界三大宗教、ヒトラー、ガンディー、アレクサンドロス大王、フランス革命、三蔵法師玄奘、高杉晋作―――どれも良かった。中には僕も知っているエピソードも少なからずあった。男性同士のセックスが昔は当たり前だったというのは僕は知っていたけれど、一時BL小説を読んでたうちの娘にとっては「目から鱗」だったらしい。そういう、歴史をちょっとかじっていれば誰でも知ってそうな話を、ユーモアたっぷりにぶっこんでくるプレゼンの仕方が、「COTEN RADIO」にはある。

また、こういうのが仕事になるんだなという1つのケースを見せられた気もする。深井さんにしても、ヤンヤンさんにしても、歴史が面白いと思うようになったのは二十歳過ぎてからだという。歴史好きとしてのキャリアからいったら、僕の方が圧倒的に長いわけで、その気になれば特に日本の南北朝時代を肴にしてしゃべったりはできないこともない。もちろん、趣味を仕事にするにしてもそれなりの品質保証は必要になる。深井さんが代表を務める株式会社コテンのチームは、この番組を約4時間収録するのに、毎回すごい数の文献を読み込み、情報整理して収録に臨んでいるらしい。もちろん、研究者の方へのヒアリングも行っている。責任ある放送にするには、それくらいのことはしなければならない。

また、この番組収録、たいていは福岡県田川市の、廃校を利用したビジネスインキュベーション施設で行われているらしい。地方からの発信で、ポッドキャストの大人気コンテンツに発展したというところには惹かれる。地方発のスタートアップとして、こういうやり方もあるのかというのを学ばされ、勇気づけられた。

さて、そんな日頃のサービスへの感謝の意味も込めて、本書は購入させてもらった。この放送を末永く続けてもらうには、①番組スポンサーになる、②YouTubeチャンネル登録、③単に一視聴者として再生回数の増加に貢献する、④口コミで他の人にも紹介するちった、いろいろな貢献の仕方があると思うが、本書を購入して、本チャンの番組も含めて僕のブログで紹介するのも、僕なりの貢献の仕方かなと思う。ダイヤモンド社のプロモーションの仕方から見ても相当売れるだろうし、こと今回に限っては、そういうプロモーションに乗っかってもいいかなと思うくらい、番組にはお世話になっている。

本書の内容としては、番組で再三深井さんが語っておられることのエッセンスが詰まっているように思う。もちろん、取り上げられた歴史上の人物一人ひとりのエピソードも、「確か番組でも触れられていたよな」と思い出すものもあった。ガンディーの家庭人としてのダメっぷりとか。でも、書籍にしてくれてよかったと思っているのは、著者が番組内でいろいろな場面に散らして言及されている、歴史を学ぶ意義や面白さを、1冊に凝縮してくれていることだと思っている。

一時期、僕は仕事で「日本の近代化」というコンテンツ作りに関わったことがある。「明治維新」の意義についてはその一丁目一番地として、相当勉強させられたし、なんで日本が戦争に向かってしまったのかも、これを社内で主導したお方のこだわりの部分でもあったので、ついて行くために自分なりに学んだ。深井さんやヤンヤンさんも、「明治維新」が世界史上どれだけ画期的なことだったのかは番組内で言及されたことがあるし、「吉田松陰」や「高杉晋作」の回の面白さから言って、COTEN RADIOが「明治維新」や「戦争への道」を取り上げたら、わかりやすいコンテンツを作られるのではないか。

最後に、ブータンからの愛聴者の要望として、そのうち「蒙古襲来」「足利尊氏」「衣服の歴史」も取り上げて下さいと述べ、COTEN RADIOを勝手に宣伝する記事を締めくくりたい。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント