So-net無料ブログ作成

国際障がい者デー2017に向けて [ブータン]

国連障がい者権利条約が障がい者福祉の鍵
UNCRPD essential for well-being of persons with disabilities
BBS、2017年12月4日、Phub Gyem記者
http://www.bbs.bt/news/?p=85659

2017-12-4 BBS.jpg

【ポイント】
国連障がい者権利条約(UNCRPD)は、障がい分野における国連の数十年間の作業に基づいて構築され、障がい者の権利と福祉の増進を目指している。ブータンがこれを批准すると、さまざまな障がいを持つ多くの人々の生活の改善につながるかもしれない。障がい者がアクセスしやすい設計の施設が増え、障がい者の社会的包摂が進み、人々が自信を持って自立し、社会に貢献できる環境の構築にも役立つ。

3日、国際障がい者デーを記念して、ダクツォ特別児童青少年職業訓練センターは、同センターに通う生徒が運動能力を競うスポーツイベントを開催した。ダクツォのデキ・ザム事務局長は言う。「教育省は既に特殊教育ニーズ(SEN)プログラムを実施しており、SENを持つ学校として15〜16校が登録されています。障がい者に平等な機会を与えるために、障がい分野で活動している市民社会組織や関係省庁もあります。」

UNCRPD批准は、障がいを持つ人々の権利と幸福をさらに向上させ、促進すると事務局長は言う。「ダクツォで働いてみて、私は、情報、技術、教育、その他あらゆるインフラ等、様々なものへの平等なアクセスが保証されるよう、ブータンは早期に批准を進めるべきだと思います。」

国連ブータン常駐代表のジェラルド・デイリー氏は、ブータンは条約を批准することによって利益を得ることができ、また利益を得ることができる多くの分野があると述べた。 「例えば、建物の新規建設が障がい者にアクセスしやすいものにしていくことに重点を置いていきたい。条約を批准することで利益を得ることができる他の分野では、データ収集を強化することが重要。実態が把握できれば、我々はどこの誰が障がいを抱えながら暮らしているのかを理解し、政府の限られた資源が賢明に使われるようになるだろう。」

政府は条約の重要性を認識している。2010年の条約署名以来、多くの制約が批准手続の妨げになっている。国連が求める多くの義務を履行しないと、批准準備は整わない。数週前に上院が行った討論会で、ダムチョ・ドルジ外相は、なぜ政府が条約を批准できないでいるのかとの説明を求められた。 「第一に、我々には専門知識がない。第二に膨大な予算が必要であり、第三に現在のインフラに大きな変更を加える必要があるかもしれないからだ。」と大臣は答弁している。「我々はこれらすべてを準備しなければならず、それには多くの調査と予算の準備が必要となる。条約の義務を履行できない場合、2年後に報告書提出が求められ、そこでも義務が履行できていない状況があると、その国はやる気がないのだと見なされる。」

一方で、外相、批准に向けたハイレベル・タスクフォースが、条約批准に必要となる法的・技術的見地を検討し、内閣に報告書を提出したと述べた。ブータンは、第65回国連総会で約190カ国とともに条約署名している。
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

僕はダクツォが主催したスポーツイベントの会場にいたので、このへんのことを開会式でダクツォの事務局長や国連の常駐代表が話していたのを直接聞いていた、ブータンでこの手のイベントがある時には常々感じる違和感なのだが、この開会式、誰のために開かれているのか、ちゃんと考えた方がいいと思う。

主賓が来るまではイベントは始まらないが、随分前からダクツォの生徒さんたちは整列して待っていて、ようやく主賓が来たと思ったら、障がい者権利条約だの、障がいの主流化だの、SDGsだの、人権がどうのと、難しい話が英語で繰り広げられた。このイベントの主役は生徒さんたちである筈なのに、なんでこんな建付けで「空中戦」が行われるのだろうか。せめて、生徒さんたちやその家族に話しかける内容にしてほしかった。

メディアもメディアだ。スポーツイベントだったのに、なんで生徒さんたちに取材もせずに、こんな話ばかりを取り上げるのだろうか。

僕はブータンで青年海外協力隊の方々が運営協力された運動会を何度か見学させてもらったことがあるが、普通の小中学校の生徒に、「レーンを走れ」と言ってもなかなか守られない。でも、ダクツォの生徒さんは、ほぼレーンに忠実に走ることができる。直線コースだけではなく、コーナーワークが必要な200メートル競走でも、彼らはレーンを忠実に走る(お陰で、アウトコースの生徒さんは明らかに不利なんだけど)。100M[×]4のリレーも、彼らはリレーゾーンをうまく使ってバトンパスできる。普通の学校の生徒だと、バトンを持っている走者はリレーゾーンで減速しないと次の走者にバトンパスできない。健常の生徒でもできないことを、ダクツォの生徒はできるのだ。そういうところを、しっかり見て欲しいのに。

「障がい」「障がい」と連呼するうちに、為政者やメディアは、実際に障がいを持っている人々やその家族との間に、壁を作ってしまっているのではないか―――そんなことを思った。

彼らが言っていることは正論である。メディアの取り上げ方も、TPOによっては正しい場合もあるだろう。でも、この日だけは生徒さんたちのパフォーマンスに注目して欲しかった。しかも、運営していた人々の殆どが、ダクツォのボランティアの人たちであった。それでいてあれだけ効率的に運営されていたのである。これも、普通の小中学校の運動会になると、先生方ですらまともに動けない。そういうところもちゃんと見て欲しかった。

ただ、ダクツォに限らず、ブータンで障がい者の問題に取り組む市民社会組織の人々にも言いたいことがある。12月3日の記念式典を、なんでバラバラに開催するのだろうか。そのくせここのイベントの常で、主賓が誰で、閣僚は誰が来るのか、外交団や国際機関の人は誰が来るのかが重要で、来賓客の獲り合いをやっている。なんでまとまってやらないのか。

―――などと吠えまくったが、それはともかくとして、2014年2月にUNCRPDが発効した日本での取組みを紹介するコラムがクエンセルに二度載ったので併せて紹介しておく。1つはJICAの所長が書いたもので、もう1つはJICAの障がい者リーダー研修で10月に日本に行かれたタシガン県カリンのムンセリン盲学校の先生が書かれたものである。

知的障がい者を雇用する日本のGNH企業
A Japanese GNH factory employs persons with intellectual disability
Kuensel、2017年11月27日、Koji Yamada
http://www.kuenselonline.com/a-japanese-gnh-factory-employs-persons-with-intellectual-disability/

障がいと暮らす人々の能力
The abilities of those living with disabilities
Kuensel、2017年12月2日、Kuenga Chhoegyel
http://www.kuenselonline.com/the-abilities-of-those-living-with-disabilities/
2017-12-2 Kuensel.jpg
《Kuenga Chhoegyel先生》

タグ:障害
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント