So-net無料ブログ作成

週報(10/29-11/4) [備忘録]

まとめて1週間分を書くのは難しい。先週の週報を書こうとしたところ、月、火に何をしていたのかが全く思い出せない。仕事以外大したことをしていなかったのだということは容易に想像がつく。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

10月29日(月):この日、職場の自主勉強会で面白い論文を読んだ。NGOのアカウンタビリティに関する論文で、現地NGOが地域住民のニーズに基づく活動ではなく、資金供与してくれる大手の援助機関や国際NGOのミッションステートメントに拘束されて、住民かスポンサーか、どちらを向いているかわからない状況が生じていること、資金供与するスポンサー側でも、自分たちのミッションの実現のために現地で活動してくれるNGOの能力を独自で十分な事前評価をせず、他のスポンサーがそこに支援していたといった過去の実績に基づいて実施団体の選定を安易に行なっていることなどの指摘がなされているものだ。比較的最近書かれた英語の論文だが、インドでNGOを見ていた僕にとっては目新しい議論でもなく、本稿で指摘されているような事例はインドで沢山見てきた。

10月30日(火):朝から外勤して、ある会社に我が社の都合を押し付けるような不遜なリクエストをしてきた。言っていてあまり気分が良くなかった。こういうところで内規に縛られるのはどこの組織でもある程度はあるものなのだろうが、ことこの事案に関してはやり過ぎなのではと感じるところもないではない。夜は地元の道場での稽古に参加した。先週職場の剣道部の稽古で先生から指導を受けたポイントを思い出しつつ、幾つか新しい技に取り組んでみた。裏からの払い小手とか、表から押さえて相手の手元が上がったところで胴を抜くとか。普段使わない技なので、相手して下さった方々にも意外感はあったのだろう。うまく決まるケースが多かった。

10月31日(水):仕事に関しては特筆することはない。この日は会社の剣道部の稽古はなかったのだが、11月23日に三段受験するチームメイトの日本剣道形審査に向けた準備として、夕方本社まで僕が出向き、本社会議室で1時間ほど形の練習を自主的に行なった。僕にとっては、10月25日(日)の形講習会の復習の場となった。19時30分に自主練習終了後、職場のインターンの送別会に途中参加。かなり酔った。

11月1日(木):この日は1日がかりで1つの仕事を片付けた。18時過ぎから職場の有志で30分ほどジョギング。ちゃんと走り切ることができ、12月1日に予定されている皇居での駅伝で5kmを走り抜く自信が少しだけ出てきた。

11月2日(金):3時起床し、24時間ガストで早勉。来週の大学での授業で使う参考文献を熟読した。この日は急遽振替休日でお休みをいただくことになり、何をやろうか考えた挙句、今の会社に中途採用で入る前に住んでいた目黒区下目黒界隈を散策してみることにした。僕が前の会社の下目黒の寮に住んでいたのは1990年4月から93年1月までで、もう20年以上も前のことになる。町並みは随分変わってしまったが、林試の森や目黒不動尊は健在だった。でも、そういう変わらないものの良さは当時はあまり気付かなかった。下目黒っていいところだったんだなと改めて実感。

CIMG2529.JPG
《目黒川から目黒雅叙園方面を望む。この辺は春の桜が見ものだ。》

CIMG2531.JPG
《林試の森公園。近所に住んでいたのに、こんなに広いというのを知らなかった。》

CIMG2533.JPG
《林試の森公園。このベンチのあたりで僕はサックスの練習をしていた。》

CIMG2536.JPG
《目黒不動尊。近所だったのにお参りに来たことが一度もなかった。》

CIMG2537.JPG
《不動尊裏にある「甘藷先生」青木昆陽のお墓》

CIMG2540.JPG
《権之助坂にあるラーメン「揚州商人」は今も健在。昔はよくお世話になった。》

CIMG2541.JPG
《「揚州商人」に限らず、権之助坂はラーメンストリートと化していた》

散策は早めに切り上げ、15時頃から市立図書館にこもり、論文を読んだりして19時近くまで図書館で過ごした。

11月3日(土):目覚ましをセットしておらず、気付いたら6時近くて自己嫌悪。この日は10時から千駄ヶ谷で会議があり、その事前準備もあったので8時過ぎには自宅を出発し、千駄ヶ谷駅前のカフェで1時間ほど過ごした。24日に予定されている、僕の出身大学院の創設10周年記念イベントの準備会合であった。指導教官からもっと研究に専念するよう釘を刺されている手前、このイベント企画に積極的に関与するのは正直憚られるところがあるが、イベント企画を同窓生に働きかけておられるのは別の先生で、そうした僕の事情にはお構いなしで、事は進行する。どっぷり絡め取られた感じで、この企画のことを考えると気分が良くない。13時過ぎに会議が終わると、自宅に直帰。翌日が1日子供のイベントに取られるため、この日のうちに片付けておきたいワイシャツのアイロンがけをしながら、NHKで実況中継された剣道の全日本選手権を観戦した。夜は妻の実家でお呼ばれ。22時には就寝。

11月4日(日):朝5時に起床。少しだけ大学の講義の準備を進めた後、末っ子を起こして身支度開始。この日は末っ子が亜細亜大学主催の剣道大会に道場代表で出場した。道場の代表として個人戦小学校低学年の部で出させてもらうんだから、他の出れない子たちに恥ずかしくない練習をして、試合に臨むようにと本人には言い聞かせ、彼はこの1ヵ月間道場の稽古には休まず出た。週3回皆勤するなんて、僕が小学生だった頃にはできなかったことだ。結局試合の方は1回戦敗退だったが、以前と比べて随分と良くなった。「これは1本では?」と思った小手や面もあったが、審判の旗は上がらず、逆に出ばな面で2本取られて負けた。もう少しで1本取れるようになるんじゃないだろうか。彼の次の試合は25日(日)の予定だ。他のチームメイトの試合観戦も終えて帰宅したのは16時過ぎ。読みかけの本を読んだりして過ごしたが、三連休を取ると翌日の仕事のことが不安になり、22時前には就寝することにした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0