So-net無料ブログ作成

『くちびるに歌を』 [読書日記]

くちびるに歌を

くちびるに歌を

  • 作者: 中田 永一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/11/24
  • メディア: 単行本
内容説明
 長崎県五島列島のある中学合唱部が物語の舞台。合唱部顧問の松山先生は産休に入るため、中学時代の同級生で東京の音大に進んだ、元神童で自称ニートの美しすぎる臨時教員・柏木に、1年間の期限付きで合唱部の指導を依頼する。
 それまでは、女子合唱部員しかいなかったが、美人の柏木先生に魅せられ、男子生徒が多数入部。ほどなくして練習にまじめに打ち込まない男子部員と女子部員の対立が激化する。夏のNコン(NHK全国学校音楽コンクール)県大会出場に向け、女子は、これまで通りの女子のみでのエントリーを強く望んだが、柏木先生は、男子との混声での出場を決めてしまう。
 一方で、柏木先生は、Nコンの課題曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」にちなみ、15年後の自分に向けて手紙を書くよう、部員たちに宿題を課していた。提出は義務づけていなかったこともあり、彼らの書いた手紙には、誰にもいえない、等身大の秘密が綴られていた--。
この本はお薦めする。読み進めたいという気持ちと、読み終わるのがもったいないという気持ちが交錯した。

最初のうちは誰の目線で語られているのか理解するのに戸惑ったが、慣れてくると作品の良さが味わえるようになる。「百瀬、こっちを向いて」や「吉祥寺の朝比奈君」でも感じたことだが、中田永一という作家は、登場人物ひとりひとりのセリフをとても丁寧に描く。雑なセリフがあまりない。

僕は「15年後」どころか「30年後」を生きているところで、自分の長男が今年15歳で音楽をやっている。我が子供達に安心して読ませられる作品だ。というか、物語の主人公と同い年である今こそ、彼は本書を読んでみて欲しい。中三のこの1年、「手紙~拝啓 十五の君へ~」を口ずさむ機会もあるだろう。その歌詞を味わって欲しい。


聴いていたら涙が出てきた。自分の15の時を思い出した。

nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 3

宇宙恐竜ゼットン

今度の週末、2日間だけの一時帰国したら買います。
(日本に帰ったら買う本が増えて、ちょっと困り気味…)
「手紙」は、先週の3日間だけ一時帰国の際、「事故」で参加できてしまった大学の同窓会の2次会へ行ってカラオケで歌いました。
2年前に、送別会の余興用に練習した時は、感動して涙ぐんで歌ってましたね…
by 宇宙恐竜ゼットン (2012-04-09 15:20) 

宇宙恐竜ゼットン

読みました。
mixiの日記に感想を書いときました。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1839523313&owner_id=23326541
by 宇宙恐竜ゼットン (2012-04-21 23:39) 

うしこ

お薦めいただいた「百瀬、こっちをむいて。」、とても良かったです。
「くちびるに歌を」は、同僚が貸してくれたので、今読んでいます。
中田さん名義の本は、本当にどれも良いですね。乙一と同じ作家とは思えない。。
by うしこ (2014-03-23 17:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0