So-net無料ブログ作成

『ブレイズメス1990』 [海堂尊]

ブレイズメス1990

ブレイズメス1990

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/07/16
  • メディア: 単行本
内容説明
バチスタの原点を追ってついに海外へ!  おなじみの大学病院を舞台にシリーズ中もっとも派手な手術が登場。富国モナコも絡み日本医療を考える小説はさらにエキサイト!「ブラックペアン」につづく第2弾
現時点で海堂尊の最新作である。新人外科研修医・世良雅志の視点から描かれているという点では『ブラックペアン1988』の続編であり、その世良が何故『極北クレイマー』であそこまで変貌して再登場したのか、『ブラックペアン~』では世良を慕っていた花房看護婦が、なんで「ジェネラル・ルージュ」速見医師を追いかけていくことになったのか―――そのあたりのギャップを埋めるには遅かれ早かれ世良が再登場する作品が出てくるだろうと思っていたら、案の定であった。少なくとも、世良が極北入りする際になぜハーレー・ダビッドソンに乗っていたのかはわかったような気がした。ただ、確か「ジェネラル・ルージュ」の由来となる桜宮デパートの火災事故はこの『ブレイズメス~』の少し後に起きているが(『ジェネラル・ルージュの伝説』)、なぜ事故の頃に世良は黒崎助教授の心臓外科に舞い戻ってきているのか、天城のスルジェ・ハートセンターはどうなっちゃったのか、本作品からはわからない。世良が花房から離れて行った(であろう)いきさつとか、高階講師が大学病院内のサバイバルレースを勝ち残って病院長を射止めるまでの経過とか、地域医療として高齢者の不定愁訴を相手にうんざりして外科医としてバリバリ手術をこなしたいと考えていた世良が地域医療を見直して経営が傾いた病院の再建のスペシャリストに成長していった経緯を考えると、世良を主軸とした続編があと1、2本は今後出てくるだろうと何となく想像できる。少なくとも、スルジェ・ハートセンターの顛末と、世良が東城大附属病院を飛び出すまでの経緯と、デパート火災を境にして2本は書けそうだ。

以前も書いたが、僕が海堂作品に入って行った最初の作品は『ひかりの剣』であったため、世良のイメージというのは真面目な新人外科医というのに過ぎなかった。『ブラックペアン~』でもその印象は大して変わらない。それが、『ブレイズメス~』では病院長に重要な任務を背負わされてモナコに渡っていき、見事に天才外科医・天城を連れて桜宮に帰って来るという。正直なところ、世良のどこに天城が惹かれたのかよくわからなかったし、世良のどこを見込んで佐伯病院長はメッセンジャー役に世良を指名したのかもよくわからなかった。

1990年頃というのはバブル経済の全盛期で、かつ1983年に発表された論文「医療費亡国論」がじわじわと医療の現場に押し寄せつつあった時期である。外科医が割に合わないという認識が持たれ始めて研修医が外科を敬遠しつつある時期で、かつ世の中はカネ、カネ、カネで建造物も必要以上に豪勢になっていた。そういう時代背景を考えると、天城のような異端児が生まれてくる余地は確かにあったのだと思う。その天城の構想が実現せずに現在に至っているというところに、バブル崩壊と医療費カットの現状追認の風潮が天城にではなく高階に味方したのかなということを想像させる。

白鳥や天城、対極にいる田口、曲者高階、日本刀の切れ味を想像させる速見といった、キャラが際立っている登場人物よりは、普通の人っぽい世良のキャラクターは個人的には好きなのだが、種明かしもされずに天城の言動に振り回されている世良を見ていると、なんだか悲しさも覚える。天城にしても白鳥にしても、彼らにはちゃんと見えている何かがあるにもかかわらず、もったいつけてそれが何かをちゃんと教えてくれない。佐伯、高階といった病院長もそんな感じだ。世良にしても田口にしても、そういう「見えている人々」の思惑に翻弄され続けて主導権が取れない。そういうのを読み取れない自分も同類なのだと思うと、自分自身に対する苛立ちも少々感じた。

それにしても、あの九州弁の新人・駒井は何だったのだろうか?冒頭のニース・モナコのシーンからいきなり登場して、重要なキーパーソンなのかなと想像しながら読み進めたが、結局何のために彼を登場させたのかがいまいちよくわからなかった。九州出身ということは速見たちが医学部剣道部でしのぎを削っていた頃に登場してきていた九州のなんとか大学(忘れた)の剣道部にでもいた人物なのかなと思ったりもしたが…。駒井をなぜ登場させたのかは今後天城・世良のラインの続編が出てこれば明らかになって来るだろう。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0