So-net無料ブログ作成

『ナイチンゲールの沈黙』 [海堂尊]

ナイチンゲールの沈黙

ナイチンゲールの沈黙

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2006/10/06
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する。その渦中に、患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。小児科病棟や救急センターのスタッフ、大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、事件は思いもかけない展開を見せていく…。
すみません。『ジェネラル・ルージュの凱旋』を読んだ直後に本作品を読むと後悔します。逆の順番に読んでいたらそうは感じなかったかもしれないけど。

ミステリー仕立てなのは良いけど、科学的にはどうなのかなと思える作品だ。それに、本書を読んでいるとこの作品執筆当時から『ジェネラル・ルージュ~』の執筆構想が既にあったことをにおわせる部分が随所に見られるが、それだったら両作品で共通して登場する人物、田口、白鳥、島津、速水らに、『ジェネラル・ルージュ~』への関与がもたらす苦悩のようなものももう少し滲みださせても良かったような気がする。それに、オレンジ病棟をあげての大騒ぎとなった石油化学コンビナートの火災爆発事故が起きた直後のクリスマスに、東城大学医学部付属病院恒例のクリスマス・コンサートって開けるのかなという突っ込みも入れたくなった。

『ジェネラル・ルージュ~』を読んだ時に感じた疑問のうち、「小児科で起きたトラブルとは一体何だったのか」「小児科勤務の看護師・浜田小夜はいつの間に小児科を辞めたのか」については答えがわかった。だが、「伝説の歌姫・水落冴子と速水は一体どこで知り合ったのか」については、ついにわからずじまいだった。こういう次に繋がる疑問を所々にちりばめていくのが海堂ワールドなのだろうと思う。いずれどこかで明かされることを期待したい。

それにしても、お互い「天敵」と呼び合う加納警視正と白鳥が大学時代に雀友だったというのは出来過ぎなような気もする。海堂ワールドではカギになる重要人物が皆学生時代に麻雀をやってることになる。彼らは皆今の僕より若干年齢が下の世代に属すると思うが、そんなに盛んだったかな麻雀って…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1